ザンちゃんのブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 Twitterのプロモーションでよく見かける完全食COMP。普通の広告では寝食惜しんで頑張りたい人へ……みたいなことを言ってるので、@では何故かブラック推奨と叩くキチも……。こういう人って、趣味に打ち込んだこと、なさそうだなぁ……。まあ、わたしはどっちも惜しんだことないけど。惜しんでいたらもっと痩せていたかもw でもコミケとかで本を出す人はやっている。
 萌えキャラのイラストがあるタイプの広告は、たった一言「COMP飲も?」 か「噛も?」。ゆとり萌え豚に長々語っても、文字が読めなくて意味がないので簡潔。
 両方ともターゲットに相応しい広告で面白い。
 そういった使い分けている広告が面白いのと、オタク向けグッズを売っているメロンブックスで、キーホルダーと同人誌のような本、そしてパウダータイプとグミタイプがセットになったのを売るという、面白いことをしているので、買ってみた。
 後、継続している人達が色々と工夫をしているのも面白い。
メロンブックスの完全食COMP
 グミは、最初、普通のお菓子として売っている物より、かなり固く、食べ応えがあった。なのに、1食に必要な量が物凄いので、顎が疲れそうで、現実的ではないと感じた。味もちょっと薬っぽい。でも、おやつ感覚で食べていたら、慣れてきて、今は美味しく感じ始めた。
 でも、ネット見ながら食べていたら、1袋あっさりと空にしてしまったw 思っていたより食べられる。

 パウダータイプ90グラムのうち、少量を水に溶かしてみたら、水の量が多いのか、元々なのか不味かった。豆乳が好きな人間には合うらしいので、合うと思うんだけど。豆乳飲料なら好きだし……。
 2回目の時は、残っていたのを全部マグカップに投入。カップの半分くらいの量。今度は甘かったw

****
 まだこの食物を意識していなかった頃、ボカロSNSで日記にした人がいた。否定的な内容だった。すでに常食している人でも、色々足して色んな味を楽しんでいたりするので、他に何か足して食べている時点で完全ではないと言ってたり。でも、完全なのは栄養素であって、別に味が完全であるなんて言ってないんだよなぁ……。
 ディストピアだと、栄養は完璧でも見た目や味が酷くて、「早く上級市民になって、本物の肉が食いたいぜ」みたいなセリフがあったりするしw
 1食置き換えダイエットみたいに出来たらいいなと思いつつ、味を足さないと飲めない場合は、高くなりすぎるし、無理かな……。
スポンサーサイト
 以前から何となくドット絵に興味があり、数年前に2冊教本を買ったものの、実際は全くやる気が出ずにいた。
 ウディタやツクールで使えるキャラクターが描きたかったけど、Amazonの評価を鵜呑みにしてキャラ物じゃない本を買い、結局やる気が出ず。本来欲しいと思っていたキャラ特化の本を買おうとしたらもう中古しかなくて、博打で買ったらやっぱり付録CDはついて来ず……。暫くしてから、サイトでも配布してることが分かったけど。つーか本にしっかりそう書いてあるのに、読んでないあたり……w ほんとにやる気があったのか、CDがついて来なかったショックで何も見えてなかったのかw
 データをDLしても結局やる気が出なかったのは、大分気持ちが冷めてちゃってて、駄目だったからなんだけど。


 ゲーム関連かドットが面白くてフォローしてる人あたりのRTだったと思うけど、Twitterで、出版社がドット絵教室というタイトルの本を宣伝しているのを見て、表紙のドット達が可愛いので、気になってお気に入りに入れて、時々見て、発売を楽しみにしていた。なのに、結局忘れた……。
 発売された後、存在を思い出してAmazonを見ると、出たばかりなのに高騰していて、人気が伺えた。楽天では中身を見ることが出来たので、パラパラと見てみると、1つの題材につき2ページずつ割いていて、表紙と同じく可愛く、楽しそうだった。初期の作例としてはお弁当箱が特に美味しそうで、見ながら描いてみたいと思った。楽しみにしていたとはいえ、まだ買うのは確定していなかったけど、そのお弁当箱を見てから確定に移行した。
 最後まで進めるのは無理だったとしても、少なくともお弁当箱は描きたいと思い、そのまま楽天で買った。


 この本は、簡単な真四角の題材が8個もあるなど作例が多く、どんどんレベルアップしていくわけではないので、難しくて振り落とされる心配も少なそう。どんどん難しくなると、ついていくのが大変になるからね。ニコニコのブロマガのMMD講座で、こういうのはどんどん難しくなるから嫌だ、同じことだけ教えてくれたらいいなんて言ってる奴が居たりして、同意は出来ないけど、気持ちはなんとなく分かる。
 まあ、年とともに気力が失われているので、飽きることはあるだろうけどw


 というわけで、とりあえず、楽しみにしていたお弁当箱まで、描いた。

ドット絵教室4個

 日本の国旗、開いたノート、ビル、お弁当の順。国旗とノートとビルは簡単で、ビルは思ったよりは凝ってるけど、単純作業で飽きて止めそうになった。でも、お弁当は難しかった。目を引かれただけあって、複雑だった。
 次のタンスは使う色も似てるし、自然物だから塗りがランダムで飽きる上に難しくて疲れそうで、手が出ないw 飛ばしてスマホにするか迷い中。止まるくらいならスマホにしようかな。

 Twitterをタイトルで検索すると、自分なりのアレンジをしながら勉強している人もいて、見ていて楽しい。作者さんは風来のシレンの背景を描いたりなど凄い人なので、作者に驚いているツイートもあったりする。
 そして、作者本人がトゥギャッターでまとめ作っていて、わたしのツイートも一杯拾われてて恥ずかしいw

 新パソに、何故かボカロ2がくぽがインストール出来ないのと、ちょうど販売元のインターネットが30パーオフセールをやっていたので、ボカロ4のがくぽのパワーと、ついでに色々と公式MMDモデルが存在するCULという赤髪の女の子ボカロをDL版で買った。

 がくぽのパワーは、2のがくぽの面影がないけど、あの鼻声みたいな声より、張りがあってかっこいいので、それにした。他に、2のがくぽの進化系のネイティブとささやき声のウィスパーってのもあるけど、そっちはまあ。お金があれば2の代わりにネイティブは買ってたかもw

 CULは……。過去に作ったMMD静止画がこの忍者のしかないけどw こういう赤い髪の子。

忍者CUL 

 本当は忍者じゃなくて、普通の子なんだけどねw 明るく元気な声。

 買ったの、それなりに前だけど日記にするの忘れていたw

 ハニーセレクトと同じ会社が出している、MMDのようなアニメ系3Dモデルのキャラメイクが楽しめるゲーム。ハニーセレクトを買ったよ日記に、こっちも買いたいけど、高かったので後でって書いてた筈だけど、我慢出来ずに買っていた。
 ハニーセレクトは、パッケも結構エロいしDL版にしたけど、こっちはDMMでパッケを買うのが一番安いように思えて、パッケに。実は、販売元でDL版を買う方が安かったっぽいんだけどw まあ、ハニーセレクトは、2ギガの分割ファイルをDLするのに数時間かかって、何回か失敗して疲れたので、その手間が無くなって良かったって事で。パッケの表は可愛いし。

コイカツのパッケ

 パッケの表を見てると、アイドル物の恋愛シミュレーションっぽくて楽しそう。でも、裏はしっかりエロゲだったw

 コイカツでキャラメイクした、片倉ひろみ。

コイカツ2ひろみ

 ハニーセレクトでキャラメイクした片倉ひろみ。

ハニセレ3片倉ひろみ

 ハニーセレクトは、一部の衣装の一部だけ色替え出来るだけなんだけど、コイカツは、細かく色が指定出来て、しかもいくつかの模様も選べるので、バリエーションが増えていい。
 パッケだと、ロリータ服の女の子は黒いの着てるけど、片倉ひろみは服に模様があるように、ほんと色々出来る。ちなみにどっちもデブも作れるんだけど、見ていてきつかったので、痩せた体型にしたw
 エロゲらしく、胸の形もエロ漫画的なでかすぎる巨乳も出来るし、まな板も可能。

 パソの調子が悪くなってしまったので、こっちはまた静止画を作ってみてないけど、ハニーセレクトよりは操作しやすくなってるみたい……。新しいパソが届いたら挑戦してみたい。

 DMMでは今日の15時まで、AHSボカロのDL版が半額セールをしているので買った。
 最初はユキちゃんでは無く、巨乳いろはちゃんにするつもりだったけど、ボカロ公式サイトの歌声視聴ページで歌声を聴いているうちに、2を持ってるいろはちゃんより、居ないユキちゃんの方がいいかもと思い、変更。
 リアル小学生の声を使ったというユキちゃんは子供好きじゃないからずっと買ってなかったけど、お喋りソフトのかんたん! AITalk3に幼女がいるので、慣れたし買った。キヨテルの生徒だしね。

 マクネナナは、Macでもボーカロイドをと中の人が言い出してUTAUで使える有料音源で、ボカロがmacにも対応したのでボカロ3に。ボカロストアで売ってたけど、日本語店が閉店のニュースを受けて、関係者のしんくまさんが何所で売れば……と困っていたら、AHSの社長さんが声を掛けて移籍。……と中々に波瀾万丈なボカロ。
 ボカロ3までの絵師さんが、マクネナナが自分でパッケを手売りするイラストを描いたりしてたなぁ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。