ザンちゃんのブログ ブログ

 ディズニー・プログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」っていう広告を見かけ、サイトに行ってみた。
 ディズニーキャラクターとプログラミングを学ぼうっていう趣旨で、ミッキーと男の子が魔法使いみたいな格好をしていた。
 魔法の教科書とディズニーキャラクターが描かれたカードが届いたり、サイトに登録してウェブでも学べるそうだ。

 Twitterで検索すると、ミッキーとは一言も言わずに、ミッキーのシルエットの3つの円を描画する方法が紹介されてる話をしていたり、12歳から対象なので、子供と共に学んでいたり、子供向けだろと舐めていたら後半が難しかったと呟いていたりと、色々と面白そう。
 買ったら一気に学べる物ではなく、期間は謎だけど、定期的に学習内容が送られてくるようだった。次が楽しみみたいなことを言ってる人がいるので。
 ユーキャンのようなイメージを持った。ユーキャンは一気に教材が届くけど、一区切りごとに課題を提出して、見て貰うので……。想定学習期間があるけど、例えば仕事などの合間にやってる人だと難しいので期間は長めにある。

 気軽にお値段を見たら……。何と12万8千円もする教材だったので、興味本意じゃとても無理だなと逃げ帰ってきた……w
 でも、タグを見るのは止めてなかった。そしたら、最近、公式Twitterアカウントが、ボタンを押してツイートすると、次の教材が動画で見られるみたいなことを言っていたので、やってみたら、白雪姫がテーマのパズルゲームをプレイしている様子が見られた。
 3マッチとか3ピースとか呼ばれるもので、わたしが初めてそのタイプのゲームをやったのは、ズーキーパー。動物達のコマを動かす奴。一時期流行っていて、携帯ゲーム機とかわたしのように、無料で出来たりした。上から落ちてくるんじゃなくて、画面一杯にコマが詰まってて、一つ掴んで横か縦に動かして、3つ以上揃うと消える。
 動画では、背景が、白雪姫の七人の小人になっていて、宝石みたいな見た目のコマを揃えていた。カジュアルゲームで凝ったゲームも見て目が肥えているわたしとしては、正直ショボかった。
 だけど、それはプレイヤーとしてみた場合。もし、これを自分でプログラミングして、実際に遊んだらとても興奮するだろうなと思った。だって、ウディタやツクールで、イベント組むのですら面白いもん。RPGとしては、別になんてこと無い、ドットキャラがちょっと動くだけのショボいイベですら、自分で組んで、その通りに動いたら楽しい。
 師匠と弟子で、ゲーム開始位置である地下室にある、エッチな魔物が描かれた魔物図鑑を読ませて、3種類の結果が出るイベントを組んだ時とかw 
 本を読むのを止めた場合とキャンセルした場合、そして読んだらエイラルソスに叩かれる場合と。エイラルソスに叩かれる結果の時、最初の頃は、エイラルソスをクロートゥルの側まで連れてくるイベントの作り方も分からなかったけどもw


 本題。
 ディズニープログラミングは買いたいけど高くて買えない。13万、しかも勉強する教材なのに、10万円のゲームを買ってやったとツイートしてるような、金持ちとは違う訳で……w
 だから、ずっと前に何でだったか忘れたけど、ちょっとだけやってみた「日本語プログラミングなでしこ」と、ツクールやウディタに触れる前、フリゲで遊んでいた頃に、ゲーム作れるよって紹介されてた「HSP」っていうのに触れている。
 HSPは3Dモデルを使ってアクションゲームまで作れるようで、メタセコやkeynote以外のボーン入れソフトを使った要素まで入れたゲーム制作本まで出ているようだ。古いけどw

 なでしこは公式で紹介されている書籍、前に触れた時は、最初の方のwin付属の電卓よりもっと高機能な奴を作るページくらいまでは、サンプルとして読めたんだけど……。今は止めたようで、見つからない。電卓の部分を実行しないままとりあえず読んでいたら、ここまでだよ、あとは買ってねって書いてあって、そういやこれお試しだったと思ったりした記憶あるのになぁw

 HSPはとりあえず公式のチュートリアルをやっている。
 なでしこは公式サイトのチュートリアルはある程度はやった記憶があるので、今はマイナビってとこのをやってみている。四則計算を日本語で命令出来るの楽しいw

ビルダーズ
 お正月に、スクエニが20億DLだかプレイ時間記念セールとして、DL版のゲームを色々と売っていた。SO2なども合って懐かしかった。で、前から何となく気になっていたドラゴンクエスト ビルダーズっていう、Minecraft(マイクラ)をDQ風にアレンジしたゲームが、40パーオフの2500円程で売っていたので買った。ブロックを組み立てて家などが作れたりする。


 マイクラのプレイヤーからすると、出来ることが少なくて面白くないらしいけど、逆に言うと初心者には向いているように感じた。何より、ドラクエの世界観で遊べるので、いいんじゃないかと思っていた。Amazonの評価でも、マイクラは買ったのを後悔したけど、こっちは楽しめたと極端な人がいるくらい。


 実際、とても面白く、買って良かった。ブロックが思った場所に置き辛いとか、夜になると強いゴースト系モンスターに襲われるとか、レベルアップしないので、いつまでもモンスター戦が楽にならないとか、道具に使用制限があるので予備が必要とか、不満や面倒な所もあるとはいえ、そこまで気にならない。
 感想などで愚痴られていた、章ごとに持ち物がリセットされるのは、わたしはあんまり気にならなかった。強くてニューゲームになっちゃうしなー。


 ちなみに、夜にモンスターがプレイヤーを狙う所と、道具に使用制限があるのはマイクラと同じだった。
 ブロックの置くところに出るマーカーはビルダーズの方がオレンジで見易い。マイクラは黒いので、夜になると分からなくなる。夜は蜘蛛とゾンビに襲われるので、それどころじゃないからなのかなー。


マイクラ
 で、ビルダーズは楽しかったんだけど、suが地球防衛軍5にハマっていて、家に居る時はずっとやっている。
 PS4そのものもワールドオブファイナルファンタジーをプレイしたがってたわたしの為に買ってくれてて、自分は夏に出る、とある魔術の禁書目録とコラボしたバーチャロンをプレイするしか無い……と言っていた筈だった。でも、わたしがwoffをプレイしているのを見て、画面の綺麗さなどが良くて、自分でも何かプレイしたくなったらしく……。色々ゲームをプレイするようになってしまった。買ったのはsuだから、プレイするのはいいんだけど、ずっと占領していて、わたしが出来ない……。


 ビルダーズが出来ないのが不満で、元になったマイクラをプレイしてみたくなってきた。色々な媒体で出ているけど、当然PC版で。
 体験版があればいいのにと思ったけど、見つけられず、3千円で買った。そして買った後に無料版の存在に気付いた……w


 操作方法は歩き方だけしか表示されず、。夜になると見えにくいのに次々とゾンビや蜘蛛に襲われるし、ビルダーズと違って落としたものは5分で消える(ビルダーズはずーっと落ちたまま)し、死ぬと経験値もリセット。
 ハードすぎるし不親切だし、3千円をどぶに捨てた気がした。ビルダーズの評価で、マイクラは買ったことを後悔したけど、こっちは……のAmazonの評価の人に同意したくなってきた……。


 でも、諦めずに検索して、講座サイトやwikiを見た結果、ピースフルモードにすると、モンスターに襲われないし、お腹が減らないことも分かった。それは、最初から全部が揃っているし、何を使っても減らないチート付きのクリエイティブモードの、何も持ってないバージョンみたいなモード。
 これを知ってから、やっと落ち着いて色々プレイ出来るようになった。wikiや講座サイトだよりって出来の悪いゲームって気がするけど、海外製だしなー。日本製とは感覚が違うのかも。


 ベッドを作って寝ると、死んだ場合、そこから始められるようになるって書いてあるのに、その通りにならないとか、wikiが完全に日本語化している訳ではないなど、足りない部分もあるとは言え、楽しめるようになってきた。


 suが居ない時にもマイクラやろうかなって気になっちゃうくらいに好きなれて良かった。


パンク・ポンク
 バケルさんとこで電子書籍化していることを知ったけど、月額制のめんどそうな所っぽかった。なので、他で売ってないか検索してみたら、全12巻なのに何故か11巻までしかされていないことや、Kindleにもあることが分かったり、Kindleで買った。
 あそこで書かれてる通り、最初は1巻に何回もスパが出てきても、後の方になると少なくなる。7,8,11巻は無かった。
 2回ほど0点を取ったヒロインのボニーちゃんが母親からお尻を叩かれて叱られるしーんがあるのに、後半の巻では拳骨になっちゃったり。

****
ハーレクイン
 バケルさんとこのデータの本の欄を見てたら、スパのあるハーレクインを買いたくなった。
 Kindleではサンプルを見られるので、Kindle cloudで見ようとしたら対応してなかったので、PC版をインスコ。そうしたら、1ページずつしか表示されなかったので、これは読み辛くて駄目だと思い、eBookJapanにした。ざくろの館ってのと17歳の恋ってのを買った。
 検索した時に分かったけど、ハーレクインは漫画にもなっているようだ。
 漫画専門学校の講師をしている、かとうひろしって人の漫画の描き方ツイートを、よくTogetterで見かけてフォローするようになった。
 小学生向けの漫画雑誌コロコロで、超怖い超能力ホラー漫画サイファー、チョコボの漫画などを描いたりしていたそうで。40才で漫画家デビューという、アメリカンドリーム的な夢を持てそうな経歴の持ち主でもある……。

 大分お歳のようだけど、Twitterを使っているだけ合って新しい技術にも意欲的。pixiv、ブログとウェブサイトを運営していたけど、やめてしまってそのnoteというサイトに移行。勉強する時に使う奴の英語表記……みたいな名前だけど、ブログっぽいサイト。

note

 イラストだけ投稿出来たり、ブログのように文字を書けたりする。マガジンという機能がブログでいうところのカテゴリ。動画サイトなどにあるタグも付けられる。投稿する際に無料・有料を選べるし、途中で変えられる。かとうひろし先生の漫画講座は1記事200円か300円。投げ銭的な機能もある。

 で、ずっとかとうひろし先生の漫画講座を買うだけのアカウントだったんだけど、投稿のし直しも出来るし、容量制限もない(1ページごとにはある)ようなので、pixivやアルバムメーカーより使いやすいかなと思って、コミPo!の作りかけ漫画や描きかけ漫画を置き始めた。

2017.09.09 ドラクエ11
 suが突然、はぐれメタルエディションという特別仕様の3DS版を買ってきてプレイし始めた。多分、発売日に。
 9のプレイもしてなかったのに急にどうしたんだろうと思った。でも、そのうち、FF12、クリミナルガールズなどRPGは飽きて途中で投げ出すsuのことだから、DQ11も同じになるだろうと、Twitterで笑っていた。だけど、意外にもsuは、他の趣味も投げ出す程に熱中してプレイし、とうとうクリアしてしまった。

 どうせ途中で投げるだろうと思っていたのと、とても面白そうにプレイしていたので、冒険の書に空きがあるならわたしもプレイしたいとsuに言った。9の時はソフト一つにデータ一つだったので、聞いてみた。3つあるけど1つ開けると言ってくれたので、冒頭だけプレイ。
 子供の頃、ゼルダの伝説 夢を見る島とFF5は、下二人と奪い合いや、競いつつプレイした記憶から、ずっとプレイするのは避けた。自分がプレイしたい時にsuがプレイしていて……みたいなのってイライラするからw
 でも、suがいつまで経っても終わりそうもないので、9の宝の地図ような、終わりがない作りなんだろうか……と思い始めた頃、プレイ画面に、馬に乗っての逃走劇のイベが出ていた。本編をクリアしたのに、まだそんなイベントがあるの? と訊いたら、2つ目の冒険の書を始めたと言い出し……。RPGは途中で投げ出すという印象を持ってしまっていたsuが、新たな冒険を始めるくらいハマったことへの驚きと、もう待ってられない怒りをTwitterへ吐き出したようなw

 ともかく、その日からプレイを再開。最初の村でセーブしていたので、そこから。勇者として華々しく迎えられる筈だったのに、実際は悪魔の子と呼ばれ……。

 発売前に、髪型とかを叩く変な感想をたまに見かけた影響で、確かに勇者ってよりは仲間っぽい見た目だなーと思いつつ……。でも、プレイを進めていくと、あの髪型を褒めるモブも出てくるのが面白かったり。髪の毛さらさらで綺麗ねーとか。

 今現在、2つ目の冒険の書にも★が付いたsuは、プレイしない時間が増えたので、大分プレイしやすくなって有り難い。わたしは、ケトスという羽の生えた鯨に乗れるようになり、古の勇者達が、勇者の剣を自分達で作ったというエピに笑っているところ。鍛冶機能があるからって、自給自足とか……w でも、魔王の城などのダンジョンの宝箱に、魔王に有効な剣が置いてある方が、現実的では無いのかもなぁw
 最近、魔王をテーマにした漫画をよく見かけるけど、ある漫画では、人間が弱すぎるからハンデをあげているってことになってた。その割に勇者に負けて、よく封印されてるけど……w でも、死んでないので、危機感が薄いっぽい……。