ザンちゃんのブログ 2012年07月

7月31日
底辺スレがやたらと伸びてるけど、流し込み厨が頑張ってるのかなw 全て借り物でしかない動画をあげてるような奴がどうして製作者ですって言えるんだか 前は自分が見たいだけって控えめだったのに、今じゃすっかり一製作者のつもりになってる MMDはお手軽に動画を作れるからって増長しすぎだろ…

****
7月30日
suが今見てるアニメ、娘が酷すぎてアレ思い出す……。お母さんが病気で死んでから出てきた日記のやつ。出来の悪いお弁当とかに酷い言葉を言ってたら、病気で上手く作れなかった……とかの。

V3コンテストのギャラ子? あれって期間が延びたらしいけど、そこまでして皆に渡したいのに売れないって何でなんだろう……。/腰つきPがMMDのモデルを紹介したら、パーツ取りモデルを疑ってケチ付けてる奴いたけど、外人製だからって決め付けてうざいな 元絵も知らない癖に偉そうにしたいのね
 ※ギャラ子はイラストの顔がレアさんのような髪の色とウエーブで似てる。で、モデルも似てたので、パーツ取りしたんじゃないかと疑ってた人がいた。腰つきPのレスを見るとパーツ取りではない模様。

****
7月29日
ブログを書いて更新したらメンテ中って出た えー、じゃあ何で管理画面にアクセス出来たのよ…… くそー


****
7月28日
今日は数年ぶりにドクターペッパーを飲んだ。……こんな不味かったっけ……? ガラナを不味くしましたというか、20種のフレーバーって書いてるだけあって、香料がきつくて気持ち悪かった……。 暫く具合悪くなってしまったわー。普通に、ココアかリアルゴールドかアンバサにしとけば良かったよー。

ブログに来た検索元を見るのは面白いけど、時々、うちに来る以外ありえないワードがあるのがなんか怖い…… インアン二次創作やってた時のオリジナル台詞とか、小説版ボカロ家族のタイトルとか 何なんだろう……

ロト6やミニロト、毎週200円ずつ買ってたら、1ヶ月で2000円、1年で2万4千円をどぶに捨てることになる。こう考えると馬鹿馬鹿しいので買うの止めたい。でも、もし当たったらと思うのと、お菓子とか消耗品なんてそれの比じゃないと思うと、止められない。夢の為に月2000円か…。うーん。

MMDは借り物ばかりとよく言われるけど…… 流し込みは繋がりがある人か、モデル配布以外は見ない、再現系も殆ど見ない、作るのはオリジナルのドラマの自分からすると違和感が…… 流し込みの面白さがまるで分からないからなあ……


****
7月27日
「今の若い連中はマニュアルやルールが無ければ何も行動できない」ってMMDスレで言ってる人がいて、同意と思った。だってニコニコ静画のお題のないMMD静止画投稿場所のリンクが2回くらいスレに貼られた時、「テーマも何もないから、何を投稿すればいいのか分からない」って言ってるのいたし

****
7月25日
わいえむさんのヴェノ公の動画。がくぽが元の歌の通り、KAITOに刺されたシーンで、「なすじる」って書いてあるw 汁って何だよ、汁ってw 服装に変な感想コメあったり、血が紫なのを驚いてるコメは元歌知らない奴らかな

****
7月22日
モデリングの練習を再開中。講座の画像を見ただけの状態で作ったら、ひっどい出来に。サンプルのトレースは出来ても、オリジナルは出来るのかちと不安。でも、頑張る。

****
7月17日
ロト6とミニロト……2等の時しか使わないボーナス数字が当たってもしょうがねーんだよぉ 2回もボーナス数字が当たるとか ロト6はボーナス数字と含めて3個当たってるし ボーナス数字じゃなきゃ千円なんだけど これなら全部はずれてくれた方が気持ち的に楽だわぁ

****
7月14日
MMDスレで荒れることもなくwin100の話をしてるなー っていうか今月号MAYUちゃんか! 超・欲しい きっと可愛いんだろうなー ヤンデレ設定は要らないけど 見た目が大好き♪ 明日、天気だったら買いに行こう
 さぼてんさんのブログ見た うはっ、やっぱ超・可愛いー これは買いだ でも、色々と大変みたいね……

したらばの……キーをそろばんの玉に例えるなんてw 斬新な表現だなw でも、そう見えてくるから面白いw

ピクシブで、氷山キヨテルタグとカイキヨタグの小説を読んでいたら、自分でも書きたくなって、書き始めた。それはいい。わたしのメイン活動は小説書きだから。ただ、設定だけしかない奴とか、思いつく限りの奴を書きたいだけ書いていたら、なぜか、くっらーい話の続きを書きたくなってきた……。むー。
 楽しい話とか、エロイのとか、自分が先生とアレする恥ずかしいのとか、他に書いてて楽しい奴が一杯あるのに、何でよりによって、聖士さんが先生を虐待する話の続きを書いてるのよ……。まあ、ずーっと暗い話を書いてなかったしなあ……。でも、どうせならグロイのの方が面白いのになー。しゃーないか。

 ずるをしつつも、上半身が出来た。下記のは頭無しなので、クリックするのなら、そのつもりでー。まあ、マネキンだと頭のないタイプもあるし、それほどグロとも思わないけども。でも、モデリングしてると、そこら辺は麻痺してくるからなあ。

https://lh3.googleusercontent.com/-eqYR8vhRSYw/UBFpBnXbaCI/AAAAAAAAA_Y/5cqKflaI6bk/karada-s4.jpg

 こっちは足だけで、お尻が作りかけ。この下半身は殆どトレースしてないので、自分で作った感があって、満足。他のもそうすればいいんだけど、難しくて……。

https://lh3.googleusercontent.com/-ioGAzOQkHFU/UBKtXrhS7mI/AAAAAAAAA_o/E-BezeU7v0Q/asi-o-s.jpg

 とまあ、順調? にサンプルの子は出来て行くのだった……。動画を作りたい気持ちになってないので、完成させることが出来そうだなー。


ここから別の話
 母方の祖父に会う為に、北海道へ帰省しないといけなくなった。ボケちゃって娘の顔も分からない(母と叔母 妻・祖母の顔が分かるかは忘れた)そうだし、わたしが行っても、余計分からないんだろうなあ。怖いからあんまり好きじゃなかったけど、そうなると泣きそうで帰りたくない感じ……。
 でも、帰らないわけにも行かないので、飛行機の予約を取った。アルバイトの関係で8月24日から27日。

 前に帰った時は(こっちに戻ってくる直前に新潟地震が起きて、伸びたんだっけ…… あれから7年も経ってるとは)、母がやってくれたのでわたしはお金だけ払えば良かったんだけど、今は向こうでは出来ないと言われてしまい、自分でやることに。

 駅の中にある旅行会社「びゅう」(JR関連っぽい)で相談したら、最初、函館行きの8万のコースを紹介された。貯金を空にするわけにはいかないし、クレカだな……と思っていたら、今回初めての手続きだということで、相手が前はどうしたのか訊いてくれて、話したら、札幌行きの5万4千円くらいのコースを紹介してくれた。
 かなりや安くなったので、それそのものはいいんだけど、パックなのでどうしても札幌のホテルに一泊しないといけない制約が合って……。

 家族に相談したら、高いし1泊が勿体無いよねって話になって、ネットで航空券が予約出来るサイトを教えてくれた。ネット利用していて、広告ではそんなの良く見かけていたけど……。旅行とセットなのかと思い込んでた。
 値段のみで決めたので行きと帰りの会社が違うけど、それだと、3万5千円ほどで予約出来た。
 それはいいんだけど、チケットレスとかで、メールで番号のみが送られてきたので、ちょっと不安に……。メールはケータイにも送って、メモもしたけど、無事帰省出来るのかなー。
 あと、空港から実家の駅までの切符の予約もしてないし。うーん、した方が良いのかなー。しないと、たちっぱになりそうな気もするけども……。

 先生のイラストを描いて、そのイラストを元に、「正面から見たらそれっぽく見える」を目標に、練習で作ったモデルを先生に改造してみた。髪の毛や目の周りだけだけど。

https://lh6.googleusercontent.com/-7-pUE_QPjHM/UAzIPc-shmI/AAAAAAAAA-0/-GxvZOWvWFU/sense.jpg

 大きく開いている目を小さくしたら面の流れがガタガタになってしまったり、正面以外は考慮していないので、斜めから見たら酷いけど、かなーり満足した。面白かったー。
 ちょ、何これ。ルナで日記が書けなくなってる……。めんどくさいなあ……。しゃーないので、IEで……。火狐はお気に入り管理がわけわかんないし、字が小さいのを大きくするのが手間だし。
 眼鏡を買ったから小さい字でも読めるけど、だからって小さい字が嫌いなのは変わらないのよね。


 前置きと愚痴は置いといて。
 暑くて、ブランコの修正作業をやる気になれないので、モデリングの勉強を再開した。
 セルシスの講座で。この講座、小物がISAOさん、人物がKINOさんという人。keynoteの作者mqdlさんによると、昔からやってる凄い人みたい。でも、この人、「3D Character Animation Manual ローポリアニメーションのすべて」や講座では、気さくな感じで面白いんだよなあ。文は誤字多いしw 本は直せないけどwebは直せると思うんだけどね……。セルシスは校正とかしないみたいだな。

 本だとUV展開に使った画像が見づらくて失敗したから違うのにするとか、講座だと、作った顔が可愛くないから修正するとか。講座の方は、こうやって修正を加えて、よりよくしていくんだよというのを示す為にやってる気もするけど……。
 笑えて楽しいお方なのよね。

 本はアマゾンの評価だと、ニコニコ中毒みたいだと批判されてるので、真面目な人には合わないのかねぇ。ノリについていけないと、つまらないのかも?


 前に練習していた時は、ISAOさんの小物の講座の方をやっていたけど、トゥーリナをモデリングする夢はやっぱり捨て切れなくて……。後、あるモデラーにリードミーや推奨設定を無視する人みたいに思われたのがショックで。モデラーになれば、モデル作りの苦労を知ってる人だしと、そういうことを思われたりしなくなるかもって、ちょっと思ったのもある。
 ……そのモデラー関連については掲示板で書いたけど、最後にもちょっと。


 1日目はここまで。 FC2に直接アップするのが面倒なのとある理由で、PicasaにあげたURL貼る。

https://lh4.googleusercontent.com/-LL3pIMHQTjs/UAbkqKO140I/AAAAAAAAA8U/__5LMMRzyIQ/kao.jpg
 
 2日目はここまで。下記の画像は目と顔に隙間があるので、グロく感じるかも? ということで、クリックする場合はそのつもりでー。

https://lh6.googleusercontent.com/-xoy8R7IcmRU/UAi84XbE4OI/AAAAAAAAA80/jJVZpEldtFo/eye.jpg

 七海かずささんが、キヨテル先生のモデリング中の画像をツイッターで晒したら、グロ画像扱いされたって言ってたなあ。EoEスレでも、テクスチャがついていないだけの完成画像ですら、グロ扱いする人いたし。 ということで、画像はURLにしてワンクッション置くことに。

 と言いつつ、わたしもにゃぽでモデリングの話してて、グロがどうの言ってたら、わいえむさんに気を使わせちゃったっけ。
 ロボットとか、建造物なら作成中は何とも思わないと思うんだけど、人間を作ってると、どうしてもね……。

 3日目はここまで。下記のは、前髪だけだからキモくはないな。

https://lh4.googleusercontent.com/-SZnYquLOnMg/UAl3rIjK4KI/AAAAAAAAA9I/dTNAcR1L9Hc/kami.jpg

 講座では顔を作った段階で、UV展開してるんだけど、UV展開はISAOさんの本で練習していた時にやってるし、練習モデルであんまり頑張りたくないから、スルーして、モデリングだけを頑張るつもり。


****上からの続き。
 そのモデラーさんは、モデリング練習日記に、こまめにコメくれてる。最初は戸惑ったけど、多分、わたしが大袈裟に受け止めただけで、その人にとってはそれほどのことではなかったんだろうなーと思ってる。
 わたしとしては、にゃぽの退会を考えるくらいにショックだったんだけどもね。
 だって、その人がモデラーになる前から交流があって、その人がモデル作りに四苦八苦してるのを応援したり、わたしの狭い知識でも役に立つかもと思って、色々書いたりしたし。なのに、モデルに対してそんな考えでいるって思われたのは……。
 これで、わたしのことを良く知らない人に言われたのなら、その人はわたしのことを知らないんだから、わたしがモデルをどういう扱いをしてるかも知らないわけで、仕方ないなと思えるんだけども。
 
※親から子への虐待表現あり 閲覧注意

---
 家に帰ってきたキヨテルは、レシートと食費用財布を一緒にテーブルに置くと、買ってきたものを冷蔵庫にしまった。
 中学生の頃、前の人が別会計で買い物をしているのを見て、自分もそうすればバレないのではないかと思い、1つだけお菓子を買ったことがある。が、財布の中身を把握していた父には分かってしまい、鞭で、あちこちに痣が出来るほど散々殴られた。
 お菓子を買ったことそのものよりも、騙そうとしたことが頭にきたらしく、断りもなくお菓子を買っただけだったら、手でお尻を打つだけで済ませたと言われた。
 それからは、おやつが欲しい時は、お願いするようになった。我が侭だとお尻をぶたれるだけで終わる方が多いが、たまには許してもらえる。
 キヨテルは居間に行き、取り込んだだけで、つみあがっている洗濯物をたたみ始めた。
 それが終わったら風呂掃除だ。この世界の聖士はキヨテルを甘やかしてはくれないので、やることが結構あるのだった。
 きちんと出来て当然で、やり忘れたり、雑だったりすると、お仕置きが待っているので、気を使う。


 やることを全て終えたキヨテルは、部屋に戻ってくると、ベッドに横になった。父から疎まれているが、部屋は与えられていた。部屋に入れておけば姿を目にしなくて済むから、だそうだ。子供の頃は寂しくて仕方なかったが、今は気楽に思えるようになっている。
 スーパーでKAITOと話したことは楽しいことだろうかと考える。本が面白かったのは失敗だった。これはお仕置きだろう。タイトルと目次からつまらなそうな本だと思って選んだのに。
「お尻を酷くぶたれますよね……。KAITOさんとのことも楽しいと判断されたら、ぶたれるのはお尻だけではすみませんね……。」
 前の痣が大分治ってきたのに、また痣が出来るのかもしれない。キヨテルは気が重くなってきた。
  暫く横になって疲れが取れたキヨテルは、起き上がると勉強を始めた。成績関連で父に叱られることはないが、
「高校に行かせないのは世間体が悪いですし、仕方ないから通わせてやりますけど、3年で卒業出来ないなら退学させますからね。」
 と言われているのだ。
 復習をしていると、父が入ってきた。
「キヨテル、食事の支度を手伝いなさい。」
「はい。」
 キヨテルが立ち上がると、父はさっさと部屋を出て行った。
 『ぶたれなかったですね……。きちんと出来ていたんですね。良かった。』
 キヨテルは安堵の息をついた。
 買い物、洗濯物の片付け、風呂掃除……家事のどれかにミスがあると、この時点でお仕置きされるので、何もされなかったということは、全部きちんと出来ていたということになる。


 食事後。キヨテルは部屋に戻ってきて、勉強の続きをしていた。父の見ているテレビ番組が終わったら、学校で起きたことを報告する。
 別の世界のキヨテルは帰ってきた直後に、出迎えてくれた父に報告するが、この世界のキヨテルは夕食後、少し時間が経ってからがそれにあたる。
 本が面白かったので、お尻をぶたれるお仕置きはほぼ確定しているが……。
 『問題はスーパーでのKAITOさんとの会話……なんですよね。鞭でぶたれるのは嫌ですが、どうなるんでしょう……。』
 不安な気持ちが解消されず、勉強が手に付かなくなってきたキヨテルは、諦めてノートをしまった。何も出来ないまま、時間が過ぎるのを待った。
 暫くすると、戸が開く音がしたので、キヨテルは振り返った。父が部屋に入ってきた。彼はキヨテルのベッドに座る。
 キヨテルは図書館で借りた本を手にすると、父の前に立った。
「今日はどうでしたか? それと、この本は何ですか?」
 父がキヨテルの手から本をとった。
「今日、学校では特に何もありませんでした……。嬉しいことも楽しいこともなかったですし、叱られたりもしていません。
 その本は、学校で楽しい思いをしないように、図書館で借りたものです。タイトルと目次から、面白くなさそうだと判断したのですが……。」
 キヨテルは俯く。父が本を開いて、パラパラとページをめくる。
「休み時間にこの本を読んでいれば、クラスメイトに声をかけられることもなく、静かに過ごせると思ったわけですね? しかも、面白くない本だから、わたしからお仕置きを受ける必要もないと。」
「はい。でも……。」
 キヨテルは手を握り締める。
「その様子だと、この本は面白かったんですね。」
 父が本をパタンと閉じて、脇に置いた。
「はい……。」
「栞がはさんでありましたが、読みかけなんですか。」
「はい。」
「……。」
 父が脇に置いた本を眺める。何か考え込んでいるような表情の父を見て、キヨテルは戸惑う。
「……あの、お仕置きは……。」
「面白い本なら、最後まで読みたいですよねえ?」
 父が少し意地悪な顔で微笑む。
「出来れば……。でも、我が侭は言いません……。明日、きちんと返してきます。」
「読んでもいいですよ。」
「えっ!? ほ・本当ですか?」
「嘘はつきません。ただ、条件があります。」
「条件ですか……。」
 キヨテルはごくりと唾を飲んだ。



完成した日12年8月8日

★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 よりによって、これが続きを書くほどやる気が出る話なのか……。ハイキングとか、KAITOとのエロいお仕置きが待ってる「キヨテルという男」とか、聖士さんが叩きたいカーの楽しい奴じゃなく。

 にゃぽで嫌なことがあって、ちょっと落ち込んでるから、暗い話を書くのが今のわたしにあってるということかね……。
7月13日
ピクシブで、今まではイラストばかり見ていたけど、自分も投稿しているわけだしと、小説も見てみた。結構、面白いなあ。ただ、なっがい小説を1ページで書いてるのはちょっと……。ページわけしてくれれば、しおり機能を使えるし、読みやすいのになあ。

苦しいな……多分自分が悪いんだけど 良かれと思って言ったつもりだったのに悪く取られちゃったから 苦しい 消したいけど人様のところだからそれもなあ…… 余計なことしちゃったなあ 苦しい……
 モデルは使わないようにするし、まいぽんでいるのも止めればいいかなと思ったけど、ログインする気にはなれない 大袈裟にとらえているのかもしれないし、思ってる通りなのかもしれない 分からない まー、ぬぽでのんびりやって、落ち着いてから考えよう
 まあ、にゃぽは暫く休んで、ぬぽをメインにすればいいや そうすれば楽になるかもしれないし/ボカロせんせいとりりたん、わたしは囲炉裏庵さんとは親しくないし、読めないんだな…… ぐすん 悪いことは重なるね
 8月までにゃぽは放置 それくらい期間を置けば気持ちも落ち着くだろ


****
7月12日
もう一個小説書いた。KAITOを悪魔と知った先生が、それを受け入れようと色々する感じ?/ミクシーが改悪ばっかしてるように感じる……。ホームの表記、すんげー使いづらい。見たくないのを閉じたりしたい。自分の奴は要らない。

動画を作る気力は湧かないけど、小説は書きたいので頑張って書いてみた。先生が聖士さんに暴力振るう話…クソ暑いのに、何でこんなくっらーいの書いてんだよ、あたしは。どうせ暴力振るうなら、妖怪相手に戦う方が爽快で楽しいのに。先生苛めが好きにも程がある。まー、この話の先生、楽しそうだけど。

****
7月11日
七海かずささんの漫画のナンバリングを見て、やっぱエロなんかより、「とぶクスリ」の続きが見たいと思った…… でもタグは毎回エロやれとかつまんないのが二つもある 腐向けってタイトルに入っている以上、当然なんかな いらねー いや、ご本人が描きたいなら仕方ないけど、やりたくないみたいだし

****
7月10日
アイスマは好きだけど、メンバーは自分で動かすよりも人のを見ていたい。漫画面白いし。トウマとハルトが脇役っぽいのが残念だけど。わたしがお尻叩き好きであることはどうしようもないので、メンバーよりも、神父で養父の聖士さんに食いついてしまったのは必然なんだろうなあw 美樹斗さんは何だろ?
 美樹斗さんが教会関係者であることは間違いないけど、神父ではないよね。詳しくないから分からないな。調べれば分かるのかもだけど、青エクに色々言いたくなりそうだから嫌だな。詳しい人がウザいツッコミするのは嫌いだけど、にわかが分かったつもりでテキトーなことを言うのも嫌いなんだよなあ……。

****
7月7日
暑いからなのか、何もする気が起きないなー 小説すら書く気力が起きない…… 去年は7回MMD杯に出たかったから やる気満々だったけど 例外だったのね 今年は夏の杯には出る気ないからか、やる気ないなー

****
7月6日
MMDで静止画や動画を作った人や、視聴者が時々、「MMD作った」って言ってるのを見かけるんだけど、その度に、お前はいつから樋口Mになったんだよ? と思ってしまうw わたしってつっこみ体質だなあ どうしてもつっこみしたくなるw

MMMは表情一括登録がないのがなあ。それ以外はとても便利そうなのに、勿体無い。技術的な意味ではなく、作者の考えでないらしいから、実装されることはないんだろうな……。ドラマ系否定の人なのかな。ドラマ系って立場弱いよなあ。人物・背景モデラーも、ドラマ系作者の改造に否定的だし。
 ドラマ系の人が改造のこと質問したら、銀匙さんが脅してたっけ。流し込み勝利かね。作者が自分で何一つしてない動画でも、優劣あるらしいし。

****
7月5日
先生verの表情練習をピクシブにあげたけど… スーツ・テルの時にはつけた解説をつける気力が湧かなくて、画像だけになった 本当は先生の表情練習そのものもニコニコ静画だけでいいのではとか思ってた でも頑張って作ったからやっぱ見てもらいたいという気にもなり… マグさんの出来が良すぎたわ

****
7月4日
「独り言ってタイトルの日記を書くと、知らない人が来るのは何でだろ 知らない人の独り言なんぞ読んでどうすんの?」と思ってたけど、独り言に価値がないのなら、ついったーが流行ってないわけで ついったーが流行る前なら、誰も見に来なかったのかなーと思ってしまった

もうりさんのツイートを眺めていたら、♯アイスマサイトにアクセスできなくなってることが分かった もー コミックリュウとかで宣伝してるのに、何やってんのよ ファンを増やす気あるのか
 にしてもコミックリュウは萌え豚に媚びたような女が出てるけど、♯アイスマには出てこないわけで、あれで宣伝になってるのかな むしろ騙してるのでは? 双子に萌え豚が萌えられるかは知らないけど…… いちおーこれは過去話と注釈はついてるけど、ゆとりがあれ読めてるかどうかも怪しいし
 杯と混沌の満月 別ver2の設定で書いた、聖士さんが極悪人の奴。ということで、親から子への虐待表現あり。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 昼休み。キヨテルは、校庭にあるベンチに座って、図書館から借りた本を読んでいた。教室にいると、クラスメイトの楽しそうな会話が耳に入るからだ。輪に入って会話を楽しみたくなるので、外にいる。……KAITOから逃れる為でもある。


 クラスメイトのKAITOは、何故かキヨテルに興味を持ち、ことあるごとに話しかけてくる。外国で長く暮らしていたという彼は、たまにずれたことやおかしなことも言うが、明るくて親しみやすく、クラスの人気者だ。
 本当なら、キヨテルだってKAITOと楽しく話したい。だが、キヨテルは楽しい思いをしてはいけないと父からきつく言い渡されている。だから、KAITOと楽しく話すことは出来ないのだ。
 なので彼を避けようとしているのに、KAITOは諦めるどころか意地になってしまい、何とかキヨテルと親しくしようと躍起になっている。
 その気持ちがとても嬉しいのに、父の命令の所為で親しく出来ないのが辛い。
 だから、昼休みは外にいる。


 暇つぶしの為に借りた本だったが以外に面白かったので、夢中になって読んでいると、本を取り上げられた。漫画ではないし、校則違反ではないはず……と思い、顔を上げると、そこにいたのは風紀委員でも教師でもなく、KAITOだった。
「人嫌いのキヨテルは、読書が趣味なのか。」
 彼はキヨテルが読んでいたページに栞を挟むと、前の方のページをぱらぱらとめくった。「ふむ。こういうのが好きなのか。」
「返して下さい……。それは僕が買ったものではなくて、町の図書館の本なので、汚されたりしたら困るんです。お願いです。何でもしますから……。」
「何だよ。その、苛めっ子に大切な物をとられたような反応は。」
 KAITOが鼻白む。
「……。」
 キヨテルは俯いた。
「キヨテルにとって、俺ってそういう人なんだ?」
「……。」
「……相変わらずだな。ほんと、俺って、キヨテルに嫌われてるなあ……。」
 溜息をついたKAITOが本を差し出してくれるのを、キヨテルは受け取りながら俯く。
「だって……。」
「ん?」
「僕は楽しむことは許されないんです……。お話しをしたら楽しいでしょう? それは許されません……。」
「何だよ、それ。」
 KAITOが真面目な顔になる。
「……余計なことを言ってしまいました。気になさらないで下さい。」
 キヨテルはベンチから立ち上がった。「もう少しで予鈴が鳴るでしょうから、僕は行きますね。」
 急いでKAITOから離れた。


 問い詰められるのではと少しだけ不安になったが、KAITOが何も言ってこないまま放課後になった。
 『きっと変人だと思われたのでしょう……。もう声をかけてくれることもないのでしょうね。』
 嬉しいが、寂しい。父の命令さえなかったら、友達になれたろうに。キヨテルは悲しみを堪えながら家に帰った。
 家につくと、キヨテルは自室に入り、制服を脱いだ。この世界の聖士はキヨテルを出迎えることはない。
 普段着に着替えたキヨテルは、台所へ向かった。
 テーブルの上に買い物メモと食費用財布が置いてある。夕飯や朝食、高校に持っていくお弁当のおかずの買い物はキヨテルの仕事だ。キヨテルはそれらとエコバックを手にすると、スーパーへ出かけた。


 自分の欲しいものを買うことは許されていないので、メモにあるものだけを買い物籠に入れていく。お小遣いも貰っていない。ノートや鉛筆などといった、必要なものだけは言えばお金を出してくれるが、それ以外のものは滅多に出してくれないどころか、我が侭だとぶたれることもあるくらいだ。キヨテルの自由になるお金は一円もなかった。
 友達との付き合いを許されても、これでは楽しめないだろうとキヨテルは思うようにしている。
「キヨテルも夕飯の買い物?」
 驚いて振り返ると、KAITOが立っていた。キヨテル「も」と言っただけあって、彼が手にしている買い物籠には、野菜や肉などといった高校生が買いそうもない物が入っていた。
「KAITOさん……。」
「あ、名前を呼んでくれた。へへ、嬉しい。本当は「君」がいいけどなー。」
 本当に嬉しそうにKAITOが笑うのを見たキヨテルは、切なくなった。
 『良いお友達になれそうなのに……。』
「……。」
「キヨテルのうち、今日は何? 俺はビーフシチュー。」
 キヨテルの悲しい顔を不思議そうな顔で見ながら、KAITOが訊いてくる。
「親子丼です。」
「その割には一杯入ってるなあ。」
 篭の端を持たれて、中見を無遠慮に見られた。
「明日の朝御飯と、僕のお弁当の分もありますので。」
「ふーん。」
「KAITOさんはどうして夕飯のお買い物を……。」
「俺に興味を持ってくれるんだ?」
 KAITOがニヤニヤ笑う。
「……。」
「親は向こうにいるから、俺は一人暮らしなんだ。」
「そうだったんですか……。」
「そういうキヨテルは?」
「養父が神父で、結婚は出来ないので、うちは僕と父の二人暮らしなんです。家事は二人で分担しています。」
「ほほう。」
「あまり遅くなると、父に叱られるので……。」
 会話を楽しみたくなるので嘘をついた。
「ん、分かった。明日、また学校でな。」
「はい……。」
 キヨテルはKAITOと別れた。


完成した日12年7月14日

★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 KAITOが外国暮らしっていうのは、悪魔なので、会話が合わなくなるのを誤魔化す為の嘘。外国育ちなら、日本の常識にあわないことを言ったり、アニメやゲームを知らなくても、仕方ないと思って貰えるから。
 「キヨテルという男」の一般悪魔のKAITOは、人間そのものには興味を持っているとはいえ遠くから人間観察に留めていたので、クラスメイトに気味悪がられていた。だけど、この話の貴族KAITOは深く立ち入りたかったので、そういう違和感を持たれない為の努力をしている。
 
 貴族KAITOは、一般人KAITOと違って、個人的な理由ではなく、仕事の一環として人間界にいる。 高みの見物で人間を見ていても判断が出来ないので、そういうお仕事。天使側にも、そういう仕事で人間界に紛れているのがいたりする。神の使いは色々と大変。

 KAITOが先生を気にかけているのは、お仕事は関係なくて、ただ単に個人的な理由。男色家なので。
 

----
 小説を書きたい気分が高まってるけど、続きを書く気力がないので、書きたい奴を書けるとこまで書くことに-。
 とか言ってたら、これは完成……。
「KAITOさんが悪魔ってことは、聖水が効いたりするんでしょうか……。」
 日曜日にKAITOが悪魔だという衝撃の告白をされてから、数日後。ふとそんなことを思ったキヨテル。「でも、聖水ってどうやって手に入れるんでしょう?」
 聖士さんのところへ行ってみる先生。


「聖水ですか? 作れますけども……。何に使うんですか?」
「え? お父さん、聖水を作れるんですか?」
「わたしは神父ですしね。それよりも、キヨテル。わたしの質問への答えはどうなったんですか?」
「あ、ご・ごめんなさい……。悪魔と戦う漫画を読みまして、それでは聖水や聖なる銀の弾を使っていたので……。」
「はあ、そうですか。」
 なんだかんだ言いつつ、聖水を渡してくれる聖士さん。
「有難う御座います……。」
「その顔は何です?」
「あの……何で、100円ショップに売ってる容器入りなんですか……。専門の入れ物なんかはないんですか?」
「ありますけど、お前は信者ではありませんし、それで充分でしょう。贅沢はいけません。」
「贅沢というわけではなくて、ただ、ご利益が低そうだなーというか、生活感に溢れているというか……。」
 聖水なのに身近なもののようで、ちょっと不満な先生は、贅沢を言うなと聖士さんに叱られる。ぶたれないけど。


 聖水を手に入れた先生は、KAITOの家に勉強に行く時に持っていく。
 玄関を開けてくれたKAITOの様子がおかしい。
「どうしたんですか?」
「聖士は近くにいないよな?」

 ※この時点では会ってないけど、使い魔の報告で、聖士さんに聖なる力があるのは知ってるKAITO。

「? はい、父なら教会にいますよ。」
「……なら何だ。この気配……。」
「えっと……。」
「まあ、いいあがれ。」


 今で鞄を開けると、KAITOが飛び退る。驚く先生。
「その中に何が入ってる!?」
「えっ……あ・あの好奇心で、父に聖水を作って貰ったので、持ってきてみたんですけど……。」
「聖水だと!? 何でそんなものを持ってくるんだ! 俺が悪魔だっていいって言ったのは嘘だったのか。」
「ち・違います!」
 聖士さんにしたのと同じ説明をする先生。
「で、俺に少しでもダメージを与えたいと。」
「だから、違いますって。どうしてそうなるんですか。
 現実の悪魔にも、聖水が効き目があるのか知りたいという好奇心であって、別にKAITOさんに振り掛けて攻撃したいわけではありません。」
「……。」
「だって、漫画やゲームにしかいない筈の悪魔が現実に存在していて……。でも、悪魔の役割が、そういう作り話とはまるで違っていて……。だから、それなら聖水も効果が違ったり、何の意味もないのかなと思っただけなんです……。
 正直言うと、KAITOさんが悪魔だなんて嫌です……。でも、それはどうしようもないことですし、本当に嫌だったら、攻撃なんてしないで、お別れしています……。」
 キヨテルは鞄を閉じると立ち上がる。「下らない好奇心で、嫌な思いをさせてしまってご免なさい……。今日は帰りますね……。」
「聖水を外に置いとけばそれでいい。帰る必要はない。」
「……。」
「ああ、言っておくが、置いておくだけで、中見をそこらに捨てるなよ? 俺も使い魔も家から出られなくなる。」
「わ・分かりました……。そうします……。」

 で、驚かせた罰にうんとお仕置きされた後、面白がられて可愛がって貰って終わり。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 二つも更新するとか自殺行為だな……。左手が。
※家庭内暴力表現あり・・・この注意文で思い切りネタバレだなー。まーいいか。


 朝。聖士は目を冷ますと、ベッドから起き上がった。
「くっ……。」
 体のあちこちが痛い。黙っていても楽になるわけではないので、ふーっと溜息をつくと、立ち上がった。着替えてから時計を見る。「ああ、大変です。少し寝坊をしてしまいました……。」
 慌てて部屋を出る。キヨテルが起きてくる前に、息子が高校に持っていくお弁当と朝食を作り終わっていなければならないのに。
 洗面所に向かいながら、体の痛みが強くなった気がする聖士だった。


 キヨテルが台所に入ると、父はまだ朝食を作っている最中だった。
「お早う御座います。」
 キヨテルの声に父がビクッとする。それから、父が振り返った。少し怯えた顔で、こちらをみる。
「お・お早う御座います……。きょ・今日は少し寝坊をしてしまって、朝御飯はまだ出来ていないのです……。」
 それだけ言うと、父は俯き、手を握り締めた。覚悟を決めた表情を浮かべながらも、怯えている父を見ると、キヨテルは口に笑みを浮かべた。それを見た父は悲しみと哀れみと色濃い恐怖が混ざり合った表情になる。
 キヨテルはすたすたと父の側に行くと、父の腕をつかんだ。再びビクッとし、目を閉じる彼に優しく言う。
「朝食の支度を手伝いますよ。何をすればいいですか?」
 父が驚いた表情になりながらも、慌てて口を開く。
「そ・それは嬉しいですね。では……。」
 キヨテルが手伝ったので、朝食も、お弁当も早く完成した。


 朝食が済み、食器を洗い終わったキヨテルは、こちらの様子を伺っている父に微笑みかけた。
「そうそう、僕が朝ご飯を食べに来たのに、完成していなかったお仕置きがまだでしたよね?」
「え・ええ……。」
「しないといけませんね。」
 父の側に行きながら言う。
「ええ、どうぞ……。」
 父の側に立つと、キヨテルは彼の体に手を伸ばすと、ぎゅっと抱きついた。
「冗談ですよ?」
「……。」
 父の手が頭を撫でるのを感じる。
「いつまでもこうやって甘えていたいですが、高校に遅刻してしまいますね。名残惜しいですが、行くことにします。」
 キヨテルは父から離れた。
「ええ、いってらっしゃい……。」


 歯を磨き顔を洗ったキヨテルが玄関から出て行くのを見送った後、聖士は溜息をついた。
「甘えるところだけは変わってないんですよね……。不思議です……。」

★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 お尻を叩きたいと聖士さんに言われ続けて、先生がとうとうプッツンしちゃった話ー。未来ってタイトルにあったり、本文に高校って書いてある通り、先生は高校生。中学生までは我慢してたけど、高校でとうとう……みたいな。
 聖士さんは、自分の所為で先生が暴力息子になっちゃったので、何処にも相談しないで耐えてる。最初、ファンデーションをちゃんと塗ってないから痣が見えるって先生が言うところから始めようと思ったけど、いや男だし……と思って止めた。
 この「別」世界の先生は本編と違って頭がいいので、誰からでも見える顔は殴らないことにした。

 先生は、KAITOへも同じとこまで堕ちましょうと誘惑するんだけど、KAITOは耐えてる。
 自分がキレる前に先生がキレちゃったのを見て、止めて良かったと思っていたり……。


 この先生は、ノレイク高等学校の先生にはならないな。KAITOがいるとかいないに関わらず。変態になりそうもないし。


 暑くてやる気が出ないので、最新っていうほど作ってないけど……。
 試行錯誤中ー。くそー、ネコサイバー君と公園を合成するしかないのか。でも1回しか使わない物を作るのは嫌だー……と思いつつも、根性でキーを打つのも、これだけ多いときついな……。手と鎖の位置を合わせた筈なのに、合ってない部分あるし。鎖が暴れるから、ある程度は妥協してるけど、それでも……。


ここから別の話
 わいえむさんががくぽの新衣装を作ってるなー。ようつべの限定公開で、下記の動画に出てくるhzeoさんのKAITOと踊ってた。ニコニコ用のモデルテストか配布動画が楽しみだ。




 このhzeoさんのKAITOも、それに合わせてグレードアップするみたい? hzeoさんがなんか唸ってる。物理演算とか、やっぱ大変みたいだな……。
 かこみきさんの3DCG日和を見てて、わたしは頭が痛くなったしなあ……。数学は苦手教科だったし、あれはきつい。モデラーになるのを止めて正解だったかも……。本当はトゥーリナのちゃんとしたモデル作って、腰布をひらひらさせたかったけどね……。第一者バージョンで、イヤリングとかアクセがジャラジャラしたら楽しかったろうけど。
 スーツ・テルのロザリオのボーン入れるだけで四苦八苦してるようじゃ、物理演算なんて夢のまた夢だわ。

 しかし、この動画のhzeoさんのKAITO、最後が面白かったw
 hzeoさんのKAITO、わたしにはちょっと昔の少女漫画の王子様に見えるんだけど、 ご本人が怖い顔だ、悪役だって言ってて、動画ではその通りにw わいえむさんのKAITOが血を吸われちゃったよ。死んでるか、同じ吸血鬼になるかは見る人の解釈にまかせたっぽい。


更に別の話
 聖士さんが叩きたいカーの奴、目次を作った。
 8話の続きを書くのに時間軸が分からなくなったので、読み返したいのに、目次がないのは不便でしょうがなくて。 必要に迫られないと作らないのかっていう。更新を楽しみにしてくれた人がいたのに、駄目な作者だ。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~zanneko/cgi-bin/htmldwarf/novel/watasi/kontonb.html

 ちなみに、マイホビからのリンクはまだです。
 6年位前? に買ったのが160GBで、当時はこれが一杯になることなんてありえないだろうと思ってた。当時は、動画はお尻叩き動画しか持ってなかったし……。小説なんか書きまくってもたかが知れてる。わたしのレベルじゃイラストも軽い。
 でも、ゲームのプレイ動画やら、MMD関連でデータが増えまくって、足りなくなってしまった。
 大分前からもっと容量の多いのを買おうと思っていたけど、ボカロも欲しいし……と躊躇してたら、タイの洪水で値上がり……。タイミングを逃してしまった。

 でも、にゃぽ見てると、MMD関連で、結構データ飛んだ……って嘆いている人を見かけるし、値段も一時期に比べると大分下がってきたし、アルバイトの契約書も無事に貰えたし、買うことにした。
 昨日、1TBのを8380円で買ってきた。BUFFALOのHD-LSU2Jってやつ。テレビの録画とPC用どちらでも使えるって書いてる。今って、テレビの録画専用のがあるから、間違って買いそうで怖いなあ……。
 両方で使えるけど、併用は出来ないんだな。PC用からテレビ用にしたい場合はPC用データが全部消える。逆もまた然り。形式が違うから当然か。

 PCに繋いで、さて、160の方からデータ移動したり、本体からMMD関連のバックアップと思ったら、付属のソフトのインストールやら、PC本体全部のバックアップを始めてしまって、かなりの時間がかかった……。
 まあ、それは初回だけだからと思って、我慢、我慢。

 外付けハードディスクを買うのは、これで3個目なんだけど、ずっとBUFFALO。不満もないし……と思っていたら……。
 スリープしたら、復帰しなくなった……。買ってきた直後で無理させすぎたのかなあ。データ移動中、温度が50度になって警告出てたし。 と思ったけど、今日も同じ。スリープから復帰しない。スリープ出来ないの不便なんだけど……うーむ。

 とりあえず、ハードディスクを繋いでいる所為なのか、付属ソフトをインスコした所為なのかを判断しなきゃなー。付属ソフトじゃないのかなー。
  ……と思って要らないの消したら、スリープ出来るようになった。ホッ。


ここから別の話
 サードパックを買った。今回、スターターのラブプラスチャームみたいなモデル3体セットが2種類あるから、収録モデル数が17体と多くて、更にお得な感じ。
 win100段階で買わなかったのは……。

・消臭ノール・・・UTAUの音源は無料なので、音源だけ先に持ってたけど、モデルは全体的に白くて物足りなく感じて買わなかった
・楪いのり・・・エロくて好みだったけど、無印KAITO買ったばかりだったから節約

・gdgd妖精・・・ニコニコでアニメを放送してて、MMD「も」使ってるってことで、界隈は物凄く盛り上がってたけど、わたしには合わなくて1話で切った
 何で「も」を強調してるかというと、MMDだけで作られてると勘違いしてるのを何人か見かけたから

・結月ゆかり、蒼姫ラピス・・・ボカロ3はしゆちゃん以外を買う予定無いので。ラピスはさぼてんさんので充分って気もしたし。

・歌ウタコ・・・サードパックと同じ月発売だから買う意味無し。
 
 6種類か。セカンドもそんなだったなー。スターターの時は出るなんて思ってなかったから、音々ちゃん欲しさにわざわざwin100取り寄せて悔しい思いをしたりしたっけ……。

 収録動画を全部見た。

 告白Pの奴……。ストーリーや動画はいいんだけど、ゆかり以外が学生服だから違和感が……。ゆかりだけが普段着なので浮いてしまってる。
 収録モデルから他のキャラを出せば良かったのでは……とか余計なことを考えてしまって、動画に集中出来なかった。勿体無いなー。
 あと、解説を先に見てしまった為、 このシーンでは肩が破綻してるのかとか。これはわたしが悪いだけだなw

 しゆちゃん、ゆかり、ラピスのPVのは白とびしまくってるようにしか……。
 底辺スレでデフュージョンアンチがどうたら言ってるのいたけど、やっぱぼけぼけ画面を使う人は好きになれないな。嫌いな人を原理主義といちいち煽ってるのも印象悪い。
 上手く使えば、近くをはっきりさせて、遠くの景色はぼやけるとか出来るみたいだけど、レベル低い人のは画質悪いだけにしか見えないわー。
7月3日
ついったーのファビコンが変なものに変わったけど、何これー。お知らせとかあるのかな。
 うーん、ファビコン変更はググった方が良さそう……と思ったけど、ワードが悪いのか、わたしのように変化した? っていう疑問を抱いたツイートしかでてこねえ。むー。
 ファビコンはこのままでいくのかね 鳥の方が可愛かったのになあ

ボカロのSNSにいるくせに、ボカロのMMDモデルに、何のキャラか知らないと言ってしまうのがいるんだ……。MMD関連でにゃぽにいると、ボカロへの関心がないものなんだなー……。

****
7月2日
「MMDはジャンルじゃなくてツールだって思った方が……」ってしたらばにあったけど、ツールだろう 意味分からんなー まあ底辺スレだし、楽して数字とることしか考えてない馬鹿なんだろうけど 底辺スレって時々汚いなー

七海かずささんのキヨカイ漫画が更新される度に、面白いと思いつつ、誘拐の話はどうなったのさ……ともやっとしてしまう 話が終わってからイベント始まれば良かったのに/グーグル日本語入力はメリットよりもデメリットが勝った為、アンインスコ 短い付き合いだったぜ……
 グーグル日本語入力がイマイチだったので、有料だとどうなんだろうと言ったら、ATOKを紹介してもらった。月300円のとか色々あるのね。思った以上に高くてビビッた……。日本語変換するだけのソフトなのに、そんなにとるのかよ……。ワープロ代わりみたいなもんなのかなー。

****
6月30日
グーグル日本語入力使い始めた。変換がとても良くて、便利なんだけど、IMEの方がいいところもあって……。両方のいいとこ取りしたいー。帯に短したすきに長しってやつだなあ。

****
6月29日
青空に雨が降ってるMMD静止画に「青空」ってツッコミ入れたアホが、狐の嫁入りって知ってる?と問われて、知ってるけどそれが何かと返してた 本当に知ってたらそんな反応しないだろ 青空なのに雨が降るのが狐の嫁入りなんだから アホすぎー……というのを静画のコメントに書きたかったけど止めた
 アホにアホと書くのはいいけど、それってその静止画には何の関係もない上に、見た人を不快にしそうだし 静止画を汚しそうだし でもイライラはするから、ここで吐いて楽になろう

****
6月27日
コミックリュウに連載されてる♯アイスマ漫画、短気連載だった筈だけど、単行本が1冊出るくらいは続くのかなあ。トウマがバンドを辞める経緯とかもやるのかな……。今のところバンド活動すらしてないけど。


****
6月26日
ミニロト4等が当たって、400円儲けたーと思ったら、今回4等は900円だった……。儲けが300円か……。まー、900円なのに儲けがあるだけ良しとしようか。4等当たったら188円のバナナのお菓子食べるつもりだったから食べよう。3等だったらボカロだったんだ。2等ならパソコンー。

夜早く寝て、昼間にMMDの動画、ぽちぽち作成中……とやる筈だったのに、ハンゲームのトランプやったり、モバゲーでゲーム だめだこりゃ

片首の感想……。漫画読んで感想を書くんだから、伏線がーって書いたって別におかしくもないのに、ケチつけてるのがいた……カマトトぶってとかイミフ 人気漫画だから頭おかしいのが沸くのかね しかしあれ三次創作なのに出版社がとか言ってるのがいるのは更にイミフ オリジナルだとでも思ってるのか

****
6月25日
ピアノ狂想曲、アンバランスなキスをしてが欲しいけど、指が痛い……。回復アイテムは大量にあるから、指さえ何ともなければ貰えるんだけども……。来月の300円で買うか、やっぱ。でもなあ。微笑みの爆弾は微妙だったからこっちも微妙だったら……とちょっと不安。一回お試し出来ればいいのになー。

****
6月24日 わたしの使ってる眼鏡、ツイッターに広告出すような会社なのねー

****
6月23日
指がーピアノ狂想曲でアンバランスなキスをしての楽譜が欲しいのにー 諦めて現金で買った方がいい気がする……

MMD界って男ばっかりなんだよな。スレではふざけて女子中学生ばかりって言ってるけど、実態はなあ。だから、女の子のモデルが萌え豚に媚びるような気持ち悪い動画は褒められても、男モデルが二人で踊ってるだけで叩かれたり。BASARAとかタイバニ? ってやつとか、滅びろとか言われてるしな。
 わたしがランキング動画を見なくなったのは、その所為なんだよな。男モデルが踊ってる動画には叩きコメが、女モデルのキモイ動画には褒めコメが。KAITOとMEIKOの子供化動画でも、MEIKO褒めまくって、KAITOモデルを褒めるコメを叩いたりとか。気にするのが馬鹿馬鹿しい。
 6月20日に、出張 わたしがひたすら叩かれる話に拍手を下さり、有難う御座います。

****



 動きに不満はあるんだけど、わたしのレベルじゃこれ以上は無理だなー。

 コーンの動画はアイディアがどんどん出てきて、息抜きで作れるお手軽動画ではなくなった為、一旦止めることに。モデルが一杯出て、背景無しなのに重くなりそうな予感……。

 ネコサイバーはブランコのシーンさえ作れば完成なので、また頑張ってみたんだけども……。ブランコはこれで諦めて、ネコサイバー君の位置調整に留めるつもり。
 学校から帰ってきて、おやつを食べた後。
 ミクは窓の外をぼんやりと眺めた。ふぅ。
「ミク姉、溜息なんかついてどうしたの?」
 リンが心配した様子で訊いてくる。スルーしても良さそうなものなのに、リンは相変わらず優しい。KAITOお兄ちゃんが、いつも褒めるだけあるよねとミクは思う。
 おやつが乗っていたお皿を片付けようとしていたMEIKOもこちらを見た。
「悩みでもあるの?」
「うん……あ、いや。悩みって程じゃないんだけど。」
 リンとMEIKOが心配そうな表情になったので、ミクは慌てて言い直す。
「じゃ、何?」
 レンが言う。彼まで気にしてくれているようだ。
「他の人の動画だと、ゲキド街って、皆が戦ったりするよね。」
「え?」「……まあね。」「あー、まあな。俺やKAITO兄が酷い目に合ったり。」
 3人が口々に言う。
「なのに、わたしたちってこんな風でいいのかな?」
「いや、別に戦わないMMDドラマもあるし。」
「戦わないと駄目ってことはないと思うけど。」
「ミク姉は戦いたいの?」
 リンは不思議そうな顔で訊いてきた。
「他の人のミクみたいに、かっこよく戦ってみたいなーって……。おっきな銃持ってたり、空飛んだりして、凄いし。」
「MMEに頼れないから面倒そうね……。」
 MEIKOが苦笑いするが。
「メタ発言禁止ー。」
「あのさ、ミク姉、他の人の動画はどうか知らないけどさ、このボカロ家族の世界観だと、痛みがあるの分かって言ってる?」
 レンが真面目な顔で言う。
「……え?」
「そりゃさ、敵の攻撃はまるで当たらないのに、主人公の攻撃は百発百中で、しかも、敵はダメージを受けるのに、こっちは一撃も当たらないって展開もあるけど。それって、ザコ戦なんだよな。」
「う、うん……。」
「強いのと戦う時は、盛り上げる為にピンチになったりするわけだ。」
「あ、分かった!」
 リンが声を張り上げる。「そんな場面だと、この世界観だと痛い!」
「う・うん、痛いね……。」
「そんな痛い思いをしてまで戦いたいわけ?」


とりあえずここまでー。

書いた日12年6月30日
★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 グーグル日本語入力が面白いと教えてもらって、使い始めたものの、細かい不満が出てきて、使っていくか止めるか決める為に書いたもの。完成させたかったけど、指がー。

あらすじ。

ミクが戦いたいと言い出して、皆が吃驚。
レンが戦うと痛いよと言って、ミクが怯む。

KAITO帰宅。

ミクの話を聞いたKAITOは、女の子にそんなことをして欲しくないと言う。
でも、それは差別かもと悩み始めるKAITOを見ながら、レンが、かっこいいだけが戦いの動機なのだろうかと問う。
今の環境に不満があるからそんな変なことを望むのではと。

吃驚するミク。そして、それが思い当たることに気づく。
ボーカロイドの頂点に立ち、揺るぎない人気を誇るミク。
マスターの前で歌えるのも、視聴者達が喜んでくれるのも嬉しい。
でも……。

ミクはKAITOをじっと見る。兄だけがミクに対して、嫉妬しないことが気になっている。怖かったけど訊いてみるミク。
KAITOは嫉妬しないわけじゃない。表に出さないだけと分かる。

ボカロだから仕方ないと。

自分ではどうすることも出来ない差。初音ミクであることに疲れているミクだった。