ザンちゃんのブログ ボカロPになりたい! 16号

ボカロ講座
ドレミファソラシドでメロディを作ろう!~コードに合わせたメロディを考えよう~
 メロディの作り方は3つ。
1 メロディから作ってコードをつける。
2 コード進行を先に作ってメロディを当てはめる。
3 同時に作っていく。
 今回はこのうち、最もとっつきやすい2。作曲デキ~ルでもやったので復習を兼ねてさらに実践的に。

ステップ1 「コードトーン」でメロディを作ろう
 コードトーンとはコードを構成する音で、Cならドミソ、Gならソシレ。音符のドイツ語読みかなぁ。ユーフォニアムのアニメで、よくチューニングの時に、べー(Bだったかな)と言ってるけど。
 Ranaの歌声を聞きながら、動画の説明通りに音符入力。作曲デキ~ルと違って同じに入れるだけだから簡単。


ステップ2 「ノンコードトーン」を混ぜてみよう
 コードトーン以外の音をノンコードトーンという。使いやすいのは同じスケールの中にある音。作曲デキ~ルでは、音が外れて聞こえるので、長い音には使っちゃ駄目って習ったっけ。
 コードトーン同士を繋いだ音を経過音、同じコードトーンが続く所で、すぐ隣のノンコードトーンに行って戻ってくる音を刺繍音と呼ぶ。マガジンの方で、基本的には、コードが鳴っている時間の中で、ノンコードトーンが出てくる時間は半分以下がいいと書いてある。やっぱ外れて聞こえるからなのかな。


ステップ3 メロディのリズムを変えてみよう
 作曲デキ~ルの時に分からなかったシンコペーションの説明が! 裏拍がどーのとかの。音符のタイミングを拍頭に合わせず、手前の拍に音符を食い込ませることか……。作曲デキ~ルの時に分からないと書いたら、SNSでボカロPさん達が説明してくれて、それでも分らなくて……。今、やっと分かったー。 カバー作る時にあるよ、これ。前にはみ出したりしてる奴! あれのことだったのかぁ。


ステップ4 サビを完成させよう
 今回はCメロ(サビ)から始まる曲なので、それを完成させようって事だな。
 完成した8~9小節をモチーフに、8小節分のCメロを。モチーフを繰り返して、それを変化させていく作り方……って、作曲デキ~ルと同じだ。
 ステップ4は動画あっても、作曲デキ~ルより説明が難しいなぁ……。ついて行けたのか不安……。まあ、要は今回のテーマ、「ドレミファソラシド」だけを使って作ればいい(黒鍵部分にあたる、ボカロエディタでは色ついてる所に音符は置かない)んだけど。やっぱ作曲デキ~ルより、レベルが上なんだなー。作曲デキ~ルでやったことは出来てる前提っぽい。
 そして、作曲デキ~ルのように、今回ついてくる伴奏を使って、自分だけのメロディを作ってねと4コマRanaがマガジンで言ってる。メロディを作れるようにならないと、伴奏は難しいって事なんだろうなぁ。

 今回は教材曲を最後に流さないので、歌詞しか分からないぜw コンプリートファイルの方で聴いてみた。
 タイトルは「道徳の果て」。うーん。当たり前の道にすすまないで変わった生き方をしていたら、人を傷つけてしまったから、正しい事を追い求める、四角四面な人になってしまった……っていう切ない歌詞なのかなー。勉強そのものも教材曲も難しいぜw とりあえず、なんとかボカロ講座は終わりー。


****
作曲講座
アレンジ機能で曲を構築していこう~コードの入力からアレンジの貼り付けまで~
 アレンジデータの貼り付けそのものは過去にもやってるし、アレンジデータがメイン画面のコードに沿うように貼り付けられる事もやってるけど、その時は習うよりソフトに慣れろ的な感じで訳も分からずやってた。だけど今度は、もっと実践的なことをやるんだろうな。

ステップ1 コードを入力しよう
 指示されたコードをひたすら入力。多いわぁw コピペ出来る所もあったけど。飽きそうになってしまった。こんな根気のなさで大丈夫なのかw ……ってマガジン見たら、好きなように入れてみてもいいようだ……。そ・そうなのか。

ステップ2 アレンジデータを聴いてみよう
 久しぶりなので、このステップはおさらいなんだな。目新しい所がない。コラムで森男師匠が言ってる事も、前に習ったとこだし。

ステップ3 アレンジを楽曲のコード進行とテンポで貼り付け
 これもおさらいだなぁ。コンプリートファイルの説明が少し。ボカロ講座でデモソングの試聴がなかったので、こっちで聴いてる。
 ……今回の作曲講座は殆どが復習だったな……。コード入力した所が新しいくらい。ボカロ講座が難しかったので身構えてたんだけど、ちょっと物足りなかった……。
 コンプリートファイルをちゃんと調べて勉強してたら、こんな事は言えない気もするけど……。なんていうのかな。中級編なので、ひたすら詰め込むのは終わった、後は自分で頭を使って実践しなさいってことなんだろうなー。実際自分でオリジナル曲を作るようになったら、誰も教えてくれないしな。

 とりあえず、作曲講座はお終い-。


****
MMD講座
Ranaにエフェクトをかけよう!~MikuMikuEffectの導入~
 マガジンの方、タイトルが15号のになってるw ダンスをまるっと組み立てるのは前回だぜー。……まあ、ツッコミはともかく、MME来ました。今やあって当たり前なソフト。……わたしはあんまり使ってないけど、ダンスには必須だなー。AE持ってますとかじゃない限り。

 初めて舞力介入PによるMME動画を見た時は吃驚したもんだ。大抵、ソフトは解析して勝手に機能追加したりしたら駄目みたいなことが規約で書いてたりするけど、MMDはそんな事ない為、舞力介入PはそれをやってMMDにそういう機能を付けた。最初は勝手にやったのかも知れないけど、その後、MMD製作者の樋口Mと話し合ったりしてた。やとりとはしたらばかどっかの皆に見える所だったので、神同士が会話してるーと興奮してる人がいたのが懐かしいわぁ。
 ……というわけで、MMEは導入がちと面倒なのよねぇ。要はMMDに割り込んで使えるようになってるツールだから。

ステップ1 MMEをインストールしよう
 舞力介入Pにお願いして付録として付ける……ということはしなかったんだなぁ。どうせVPVPwikiにいくなら、ついでにMMDも最新版にしてもいい気がするw ぼーるろーるの説明もしてるな。パス付きの以外はここから直接手に入れるのもありなのかねぇ。本来は、動画やニコニコ静画の説明文のとこに配布URLが貼られてたりするんだけど。


ステップ2 Ranaを光らせてみよう
 AutoLuminousの説明。らなかさんがツイートしてるブログで、このエフェクトで光らせるようなモデルの仕掛けの説明もして欲しいと言ってる方がいたけど、モデルの改造はこのマガジンではやらないと思われる。範囲広すぎるから。説明書に書いてあるので、自分で頑張った方がいいのよねぇ。
 で、頑張った結果がこれ、光るだばぁYOHIOloidですw Ranaちゃんが宣伝する動画では、光らせる意味が無いから光ってなかったけど。

daba-yohio

ステップ3 AutoLuminousを使いこなそう
 碌に使った事ないから、今まではかつてのように動画を見るだけだったけど、ここからは実践しよう。

・光量はサイズ。1を3にしたら、眩しいわぁw 動画では10にしてるけど、もうRanaの顔も分からないw 0にすると光らなくなる。0.05にしたら、わたしの目にはちょうどいい感じ。

・光線の数がX。数字を増やすと十字に輝いたりして面白ーい。

・光線の角度はRx。45にすると、光線を2本にしていた場合、十字が×になる。へー、楽しいわぁ。MME使いまくる人の気持ちが分かってきたかもw

・Rzに数字を入れると点滅するように。これは黙ってても点滅するわけじゃなくて、フレームを進めないと駄目みたい? 動画だとフレームが進んでなくても点滅してるけど、うちだとぼけっと眺めてても点滅しないな。1.000だと、1秒に1回……つまり、30フレームごとに1回光るのか。

 このパラのなかで、キーフレームに登録した時、補正がかかるのはサイズの所に入力する光量だけ。後はそのフレームの所に来たら切り替わる。段々強く光るようにしたり、逆に段々暗くなるようにも出来るのだなぁ。……なんとなく、爆弾が破裂しそうな表現として、段々点滅が早くなって、光も強くなって……というのが頭に思い浮かんだ。やっぱわたし、ドラマ製作者だわw

 低スペックやら重ねがけした時に想い場合の対策として、エフェクトを切る事とemmファイルについての説明。emmはどんどん増えていかないようにする為に、保存しない設定にも出来る。ちなみにどんなモデルや背景アクセを使っていたかも記録されるので、動画でお借りした物を書く時に使われたりも。

 最後は今号付録のオペラハウスで、Rana達が光りながら踊ってる所で終わり。さっちゃんの光り方が分かり辛かったので、さっちゃんばかり見てしまったw よし、MMD講座も終わりー。