ザンちゃんのブログ ボカロPになりたい! 14号

ボカロ講座
Ranaをなめらかな歌声にしてみよう!~コントロールパラメータ「POR」のエディットに挑戦~

ステップ1 音符のピッチ変化のタイミングを変えてみよう
 PORはポルタメント。あ、ベロシティとかの項目にある奴かー。ラインツールを選ぶ時、右クリックからやってるけど、上のメニューからで良いのではって気がしてしまうw まー、やりやすい方を臨機応変で選べばいいんだけどね。
 6と123という極端な数値にして聴き比べる。低いと歯切れ良くなって、高くするとピッチ変化が遅すぎて、音痴に聞こえるのかw 今回の教材は切ない曲なので、音程の変化をゆっくりめにするため、73で。


ステップ2 細かく設定を変えてみる
 今度は細かく設定を変える。変える前と聞き比べてみると、大分、感情豊かになったなー。

・歯切れよく歌って欲しい時は低くする。
・粘るように歌って欲しい時は高くする。

 マガジンには残りのパラメータも書いてあるので、それを参考にしようってのと、教材曲を聴いてで終わり。次のボカロ講座をお楽しみにってのは、もうないのかな……。

 今回、短くて物足りなかったのと、マガジンの後がどうなってるのか気になったので、コンプリートファイルを見てみた。2カ所弄ってたので、同じにした。……コンプリートファイルをちゃんと生かしたのって、これが初めてだ……。 

 教材曲は「失恋桜」。タイトルは和風なイメージだけど、曲はテクノポップがテーマなので明るいな。明るいけど切ないのね。よし、ボカロ講座は終わり-。

****
作曲講座
ドラムパートを打ち込んでみよう!~ピアノロールを使った入力に挑戦~

ステップ1 まずは1小節のパターンを打ち込もう
 抜けてる所の穴埋めだけど、動画の通りにポチポチ打ち込むだけなので、作業そのものは簡単。ただ、どの番号が楽器のどの部分なのかの説明がないと、他のブログで見た気がするけど、確かに……。ヘルプにあるのかなぁ。
 動画と違って打ち込む時に音が鳴らない……。うーん。再生する時は鳴ってるので、出力の設定の所為ではない気がする。


ステップ2 効率よく打ち込んでいこう
 タイトル通り、コピペで楽ちん。ステップ1の打ち込みを8小節目にコピペ。解説によると、ステップ1で打ち込んだ7小節目は、それまでとはパターンが異なる最初の小節で、小節頭にクラッシュシンバルを入れている……とのことなので、8小節目はそれを削り、抜けている42・クローズハイハットに追加で打ち込み。9小節は8小節をそのままコピペ。動画では7小節をコピペして、8小節と同じ作業をしてるけど、マガジンではもっと効率よくしている。


ステップ3 「フィル」の打ち込みに挑戦!
 それまでと変わらないと思ってたら、いきなり、ムービーを見ながら打ち込みましょうと突き放されたw とはいえ、機械的な感じがかっこよくなった。
 マガジンでは、じゃすみん研究員が「お手本通りじゃなくてもカッコ良ければOKだよ」と言っているので、アレンジに挑戦するのもいいのかもなぁ。よし、14号の作曲講座も終わりー。結構面白かったなー。

----
 ひろぽんさんから、入力時に音が鳴らないのはドラムの入力画面で「オプション」→「ノート」→「入力時音を鳴らす」のチェックが外れてるからではないかと教えて貰ったので、見てみた。 まさに外れてた。また困るかも知れないので、ここに書いておこう。
 ひろぽんさん、有り難う御座います。


****
MMD講座
キメポーズをはさんでいこう!~モーションのつなぎ方~
 13号のターンのような単発のモーション同士を繋いでダンスモーションにする……ってのをやるみたい。モーションのつぎはぎか。ダンスだけでなく、転ぶだけとかちょっとしたモーションが配布されているので、ドラマにも使えそうな感じ。

ステップ1 ターンからキメ! ……と下準備
 13号で作ったターンのモーションと、キメのポーズを読み込む。くるっと回った後、何の予備動作もなく、いきなりキメポーズをするので、不自然な動きになってしまう。これを滑らかに繋ぐ。これはドラマでモーションを作ってて良くやるので、馴染み深い。久しぶりに知ってる感がw 補完曲線の勉強の号から知っててもやってこなかったことだったり、やったことのないダンスモーションの作成ばかりだったからなぁ。今回は実際に作業しないで、見るだけでもいい気もするけど、まあ、一応やってみよう。

 ターンのモーションではターンが終わった後に、最初のポーズに戻るモーションがある為、それを削る。ターン、ターン終わり、立つ、キメ……ってモーションから、「立つ」を削ることによって、滑らかに。それだけだと、キメのポーズデータに含まれているRanaのウインクとニコって笑った口が、最初の立ってるモーションから続くことになっておかしいので、全キー&全表情フレーム登録をする。その後、キメポーズに移行する為の予備動作を登録。
 ……動画の手順だと、Ranaのウインクとニコっと笑った口への対策になってないなw 全キー&全表情フレーム登録をしてからキメのポーズを読み込めば良かったんだけど。ってことで、独自にウインクと口のバーを元に戻して登録。これで自然になった。

 まあ、要は、一つのモーションが終わった後に、全キー&全表情フレーム登録をすれば良いよという内容な訳だ。わたしはドラマを作る時にこれをやるので、全表情フレーム登録のショートカットHを多用する。だから覚えちゃってるw
 ちなみに、MMDの後継ソフトMMMにはこの機能がない為、それについてしたらばでだからMMMを使う気になれないんだよなあと雑談のつもりで喋っていたら、なんとプラグインを作ってくれた人がいたので、申し訳なくて動画を作ったことがあるw MMMはMMDと違ってプラグインに対応してるので、機能拡張が出来る。MMMは表情にも補完がきくので、なくても困らないって事が実際に触って判明したんだけども……。
 余談は置いといて。補完曲線を設定して、このモーションは終わり。


ステップ2 リズムからキメ!
 動画では新たなpmmで0フレームから始めてるけど、まあ、同じので。前のキメまでのモーションに影響が出ないように、全キー&全表情フレーム登録しといて、100フレームから。100にしとけば、動画で○○フレームと指定された時、その数字に100足すと分かりやすいのでw
 100フレームに0フレームのダウンのポーズをコピペ登録で、準備OK。……このリズムモーション、大分前の号で作った奴の動きが早いverだなー……。もうこれ、エロいのにしか見えないw あの時だってエロく見えたのに、ここまで早いと、もうw 

 雑念は置いといて。
 キメのポーズはRanaが片手をあげて、両足を開くものなので、その前のリズムモーションとはかなり違う。上手く繋ぐ為に、Ranaをジャンプさせることに。それは良いんだけど、Y軸で少し浮かしただけって。予備動作は? ターンの時はちゃんとやったのに……。不自然だよぉ。……その後の反動の説明に時間を使う為なんだろうか……。
 ってことで、ジャンプ前の予備動作を独自に作った。あんま綺麗に出来なかったけど、お手本よりはマシに。


ステップ3 ステップからキメ!
 今度は、下半身と上半身の2号にかけて作った、あのステップダンス。今まで作ったのを実践に生かす勉強なんだなぁ。
 キー掴んで移動してるのに、重複してるからと飛ばされてる……。どのフレームまで動かしてるのかしっかり見せてから切り替えて欲しかった。たまに切り替えが早いのよねー。……と思いながらやっていたら、説明があまりないまま終わってしまった……。自分で考えられないと、実践に生かせないからなぁ。ドラマでモーション作る時だって、誰かが教えてくれるわけではないので、自分で動いてみたりするしね。
 いちおう、反動が付けられたので、14号は全部終わりー。