ザンちゃんのブログ ボカロPになりたい! 10号

ボカロ講座
Ranaの声質を変化させてみよう~コントロールパラメータを使ったエディットに挑戦~
 教材曲のタイトル、“ボーカロイドの誘惑”なんだよなあ。駄目駄目マスターに荒んじゃってるRanaと思ってたけど、「アナタの事を癒やしたいの♥」とか言ってるし、そんなマスターにやる気を出させようと、駆け引きしているRanaなのかも知れないw

ステップ1 声質を変化させるパラメータたち
 10号届いた日記で、ボカロ2では死んでたパラメータって、OPEだったかなって書いたけど、VELみたい。記憶違いでした……w パラ触らないから分からないし、間違えて記憶しちゃってたわけだな。ボカロは無印、2、3と各種持ってるのにちと恥ずかしい気もするけど、今、勉強して覚えていけば良いのよーと開き直る。

BRE ブレシネス・・・初期値0。値を上げると息成分が強くなり、ハスキーな声に。上げることによって、明瞭度が増す。サ行、ハ行に有効。

BRI ブライトネス・・・初期値64。値を上げると、中高音が強調されて音が明瞭に……ってブレシネスと似てる。下げると暗い声質に。こっちは母音に効きがいい。Ranaはトクロだと「い」が弱いんだけど、これ触ったら良くならないかなー。やってみよう。
 動画では0近くにしたのと、最大値にしたのを聞かせてくれるけど、0だと不明瞭でこもった声になり、最大値だとはっきりに。リン・レンって声がこもってるから、これ触ってみようかな。

CLE  クリアネス・・・初期値0。こっちは高音域にきき、透き通った声を作るのに効果的。下げると曇るって書いてるけど初期値0……。上げてた場合、曇らせたい部分では下げましょうって事かな。リン・レン対策はこっちも弄ってみようか。上げすぎるとシャリシャリするので、上げすぎもいけないようだ。

OPE オープニング・・・初期値127。通常は大きく開けた状態。ボカロって口を開けっ放しで歌ってる感じ……と言ってる人をたまに見かけるのは、その所為かね。値を小さくすると閉じる。


ステップ2 実際に声質を変えてみよう
 で、実際に触るのは、学んだ4つのうちのどれかではなく、性質を変えられるGENってのはちとツッコみたいかもw 無印KAITOで10くらいにしたら、簡単に可愛いカイコになってくれたけど、キヨテルで下げたら中々、可愛いキヨミちゃんになってくれなかったなー。3KAITOは簡単に可愛いカイコが出来ると聞いたけど、まだ試してないので分からない。女の子ボカロの男性化はやったことないので、今日が初めてw

 初期値は64。下げすぎるとロボになるぜ。カイコに挑戦するのに、上げるのか下げるのか忘れて、上げたらおかま声が出て、鳥肌たったんだよなー。リアルで鳥肌が立つ経験するとは……w 普段、ゲームやテレビで出てくるおかまさんだったら、そういう人として見るから特に何も思わないけど、可愛い女の子の声が聴けるつもりで居たので、吃驚したんだ。

 女の子だと、上げると男っぽくなるのか。でも、ちょっとおかまっぽいかも……。下げると子供っぽいって0近いのを聞かせてくれてるけど、ここまで低いとわたしにはロボに感じるかなーw でも、30くらいだと、とても可愛くなる。今作ってるトクロで、だばぁ Ranaが3人出てくるので、分かりやすくする為にGEN下げたらとても可愛くて……♥
 110位だとおかまではなく、自然な男性に聞えるな。でも聞きとり辛いので、OPEとCLEを少し上げてクリアにー。これで駄目駄目マスターの声が完成ー。
 トクロだと、そういうキャラとして出すから一部だけ変えるとかないけど、歌だと今回のように、雰囲気を変えたい時とかに使う感じなのかなー。


****
作曲講座
“汚し系”のエフェクトを使ってカッコ良い音に! ~ディストーション/マキシマイザーを使おう~
 “汚し系”のエフェクトとは、「ディストーション」のように音を歪ませること。つまり、音を変にするから「汚す」なのか。「ディストーション」はエレキギターに使う物だけど、他の物に使ってもよし。ダメージデニムをファッションとして受け入れるような感覚……。あれはわたし的には良さが分からないw だって、ブランドバックとかのように使い込むほどに味が出てくるってのなら分かるけど、着古してるわけではなくて、最初からわざと傷んだもの売っていたりするから……。 まー、ただの例えだから、いいかw


ステップ1 ベースに「ディストーション」をかけてみよう!
 歪み系エフェクトは生演奏ではなく、打ち込んだベースに使うと不自然さが緩和……。やっぱ生と打ち込みじゃ音が全然違うのか。
 「ディストーション」を使うと音が大きくなるので音量を下げておく。確かにでかくなってて吃驚。GAINのパラメータを下げたりして聞いてみたけど、音量も変わっちゃうので分かりにくい。でも、やらない場合と違う感じなのは何となく分かるかな。


ステップ 2 ボーカルにもディストーションをかけてみよう!
 ディストーションをかけて、パラを弄らないまま聴いてみる。音量注意って書いてあったけど、本当だったーw 耳がー。音量とトーン……上げると音が明るくなるパラを弄って、聴きやすい声に。


ステップ3 マキシマイザーを使って音圧をあげてみよう
 最後だけ「!」がないっていうか、いきなり付いてたというか。という無粋なツッコミは置いといて。
 気になってた音圧だー。あれ、3号でも使ってたらしい。マキシマイザーはレベルオーバーした部分を押さえつつ、全体の音量も底上げしてくれるエフェクター。

 THRESHOLD(スレッショルド)がそれ。基本的にはこれを下げるだけでいい。

 やりながら聴いてみましょうと書いてあったので下げてみた。下げすぎると音が歪んで汚く……。え、こんな酷くなるのに、音圧競争とかあったの……? う・うーむ。具体的な数値はなくて、自分がいいと思う音にすれば良いらしい。ま、そりゃそうか。今は自分で作った曲じゃないから思い入れも無いけど、自作の曲なら良いと思える音で聴いて欲しいもんね。だからボカロP達は、色んな再生機器で確認してるわけだ……。

 歪み系と言っても、今回のように使い方次第で聴きやすくも出来るので積極的に使ってみてね……か。こういうのは実践で使う時に覚ていれば良いんだろうなー。なんか今回は、使い方講座ではなく、実践でも生かせる講座って気がした。作曲はしてないけど……w そろそろ作曲デキ~ルに挑戦するかなー。


****
MMD講座
今まで、MMD講座はムービーを見ているだけだったんだけど、今回から実践するぜー。何故かというと、補完曲線は殆ど弄ったことがないから経験者目線で見られないのだった……w

カッコよくリズムに乗せよう!~補完曲線で弾むモーションに~
 他のソフトでは「イージング」と呼ばれる。へー。補完曲線の効果として、Ranaの腕を動かしてるんだけど、ほぼ分からないw マガジンのじゃすみん研究員の方が分かるかな。昔、したらばで教えて貰った時は、たこルカを座標軸の端まで動かしてみたけど、それは分かりやすかったっけ。さっちゃんを長めの距離で動かせば分かりやすくなったんじゃないかなー。


ステップ1 補完曲線の効果
 線の設定の仕方で、動き方が変わる説明。線形補間のままだと始点から終点まで等間隔に動くけど、設定によってはボールが落ちるような動きに出来たり、風船のようなフワフワした動きに出来る。X、Y、Z、回転にそれぞれ違う設定が出来、そしてそれらまとめた「全て」の5つの設定が出来る。全部同じでいいなら「全て」、そうじゃなきゃ、それぞれに設定すれば良いって事だな。
 別に設定するとどうなるかの説明として、線形補間では四角を描きながら飛んでるさっちゃんが、XとYの補完曲線をそれぞれ違う風に弄ることによって円を描くような動きになるのを見せてくれる。すげー! 面白ーい。

----
補完曲線の他の機能の紹介。マガジンには動画の何分あたりに出てくるのかの数字まで書いてあるなー。

 線形補間ボタン・・・初期化みたいなもの。
 コピー&ペースト・・・1.コピー元のキーフレームを選択して、2.コピーしたい移動を選択(X移動とか)、3.コピー、4.コピーしたいキーフレームをクリック、5.ペースト。
 自動設定・・・そのまま。勝手に設定してくれる。ただし、回転はしてくれない。手動で設定してた場合、キーを打ち直すと当然、自動のが上書きされちゃうので、その場合はチェックを外す。
----


ステップ2 ダンスモーションの補完曲線
 Ranaのアップリズム・ダンスにアクセントをつける。アップで鋭い動きにしたいので、センターのY軸の動きに、急勾配の曲線を設定。ダウンでは溜めるような動きになるように、山なりの曲線に。残りのボーン、腕などは不自然でなければいいので、S字に。回転しかしてないので、自動設定されない回転を選ぶ。分かりにくいけど、設定前のと並べられると少し分かるなー。
 っていうか、マガジンで指定されたフレームが3つしかないので、実際に作った自分の奴だとほぼ分からないw 動画だと何回も立ったりしゃがんだりするから分かるんだけど。

 動画の最後では、蟹を装着したRanaと森男師匠達がダンス。動きは今回触ってみた補完曲線の上下運動なんだけど、Ranaが少し腰や手を振ったりして変化を付けてるので、結構ダンスに見えるなー。MMD講座終わりー。補完曲線は奥が深いな。