ザンちゃんのブログ ボカロPになりたい! 6号

ボカロ講座
1 子音コントロールの基本をマスターしよう
 VELのバーを高くしたり低くしたりして、発音の違いを聴く。低くすると歯切れのいい感じに。今回は爽やかロックがテーマなので、短くしてリズミカルに。すげー、結構違う。分かりやすい音と分かりにくい音があるけどね。曲によっては長くした方がしっくりするんだろうなあ。


2 促音「っ」をVELでコントロールしよう
 喫茶店という歌詞が出てくる。教材のvsqxには「っ」がわざわざ書いてある。それをそのまま聴いた後、「っ」を削除してからもう一度聴く。「っ」がある時はちゃんと喫茶店と聞こえるのに、消すと、きーさてんになってしまう。そ・そうなのかw どうせ発音しない部分だし、単純に要らないと思ってたw
 喫茶店の「さ」のVELをかなり短くすると、発音が「喫茶店」に戻った。

 「っ」があるより編集しやすいのでお勧めだそうで。長めの方がいい場合もありそう。最後は教材用デモソングを通しで聴いてお終い。パラメータが表示されてる曲(最近だとぺぺろんPのキヨテルのサウダージ)とか、vsqなどが配布されてる曲って、まさに勉強になるわけだなあ。


****
作曲講座
1 スコアエディタの起動と音符の入力方法
 アレンジデータっての中に曲が入ってて、それを聴く勉強。
 Music Maker MX2と同じだ。ジャンルに分かれてる。楽譜が表示されるところが違うなあ。しかも、コード進行によって音の鳴り方が変わるし、用意されてるデータの中から好きなパート……ドラムだけ貼り付けるとか出来るので、SSWの方が面白いのかな……。とはいえ、MMMX2も遊び倒したとは全然言えないので、似たことが出来るかもだけど。


2 アレンジデータを貼り付けよう
 ステップ1で色々聴いてみたりしたアレンジデータを実際に使う勉強。
 貼り付けてみたものの、お手本と全然違う音が鳴ってるし、使ってる楽器の表示もないしと困ったけど、貼り付け方には2種類あって、「パターンとコードをそのまま貼り付け」ってのと、「パターンをコード変換して貼り付け」ってのがある。後者は元から作られているのにあわせるタイプで、音の鳴り方が変わる。
 で、そのまま貼り付けの奴にしていた所為だった……。後者の方にしたら、無事お手本と同じ作業が出来たし、音の鳴り方も同じに。

 コンプリートの方も聴く。マガジンの解説を見ると、アレンジデータを少し変えただけで使ってたり、オリジナルに打ち込んでいたり。
 今回の教材オリジナル曲は、和風な歌詞にテーマ通りの爽やかロックで面白い感じ。


****
MMD講座
1 pmmファイルを読み込もう
 MMDはver9以降、pmmの仕様が変わり、以前のバージョンで開くことが出来なくなった。なので拡張子をpmm2とかにして欲しかったかもw それはともかくとして、pmmを開く時に必要なやアクセが記録されている場所にない時、MMMのように、ダイアログって言うのかな、小窓が出て、ないものを指定出来るようになった。ver8では出来たり、いきなり落ちたり。

 今回はカメラと照明のお勉強なので、モーション付けが終わってるpmmを開くことに。お手本ムービーではその小窓が表示されて、指定していく手順を見せている。マガジン1の時の本来の場所に設置してあれば出ないんだけど、それだと違う場所に置いている初心者が困るから、あえてだろうな。

 マガジンにMMDをそれなりに知ってる人が引っかかる罠が。Ranaモデルのバージョン表記がv1-1と間違ってる。知らないなら何も気にせずRanaモデルを選ぶだろうけど、モデルのバージョンが違うと、MMDが落ちることもあると知ってるMMDユーザーなら戸惑う筈。SNSでは実際に戸惑ってる人がいた。
 なので、わたしは今までの全DVDと公式にアクセスもしたりして探した後、Ranaのモデルが更新された情報は何処にもないので、そのまま読んでみた。当然だけど無事に読めた。ということで、とうとう致命的な間違いがマガジンに……。まあ、このマガジンとともにMMD始めた人なら多分困らないけどねw


 4コマで、学園祭で披露するギターが弾けず泣いてるRanaは、今回のMMDの付録になってる専用ギターを貰っていた。前回のピアノは音楽祭だったけど、今回は学園祭。らなかさんがツイートしてたどっかのブログだったか、ツイッターでごっちゃにしてる人いたけどw Ranaが通ってるのはボカロP学園なので、音楽関連のイベントもやるし、そうでなくても音楽をやるんだろう。出来なくて泣いてるってことは、自分で選んだわけではないのかな。立候補しといて出来ないお間抜けでも可愛いけどw
 ギターを貰ったRanaは無事に弾きこなしたのでした……という流れなので、MMD講座は多分学園祭で歌を歌いながらかっこよくギターを弾いてるRanaという設定のようだ。


2 カメラを動かしてみよう
 このマガジンでやるのはダンスPVなので、waveファイルを読み込み、曲に合わせてカメラを付ける。
 舞台の上のRanaは遠くなので、虫眼鏡アイコンで近づく。マウスホイールでも可と書いてるんだけど、わたしの使ってる安物マウスだと、大きく近づく時はいいけど、細かい位置を調整したい時は虫眼鏡でないと、何段階か進める距離があって1段階バーを進めてますとばかりにみたいに勝手に大きく動くので、きつかったり。高いのの場合は滑らかに動くんだろうかw

 お手本ムービーでカメラを弄る度に、ギターから生えてる尻尾(正式名はシールド。PRG脳には盾と思ってしまうw)が暴れてるなあ。物理演算モードが常に演算ではないんだろうなと思ったけど、実際に触ってみたらモード関係なく暴れてた。しかし、動画も撮ってる所為なのか、fps低いw 20から27しか出てない。

 カメラの目標点についての説明。MMDのカメラは実際に手に持っているようにカメラが動くわけではなく、真ん中にある赤い二重丸の目標点を中心にカメラが動く。これ、らなかさんが紹介してたどっかのブログでは分かりやすいって言ってる人もいたけど、わたしは慣れるまで大変だったなー……と懐かしい。

 実際にカメラを付けてるところは、最初に説明した後は安定の早送り。見たいならコマ送りでどうぞと突き放すw まー、同じに付ける必要もないんだけども。初めての作業なのに不親切w Ranaはカメラ目線モードになってるっぽいな。カメラが近づくと目線がこっち見る。

 回り込むカメラを作るという説明で、カメラは360度回転が一つのキーで出来ないと言ってる。マガジンにもそう書いてる。0°120°240°360°と小刻みに登録しようと。それをある人が嘘だと言ってたんだけど、わたしはドラマでそんなにカメラをぶん回したことがなかった為、どっちが正しいのか、分からなかった。実践した結果、カメラは一つのキーで360°回せる。お手本ムービーが最初に言ってる通り、MMDはその名の通り、ダンスPVを作る目的で作られたソフト。だからそれくらい出来て当然なんだろう。
 ちなみにボーンは出来ないので、0°120°240°360°と小刻みに登録しないと駄目。ボールとかくるくる回そうとカメラと同じ要領でやったら動かなくて悲しいってことになる。

 視野角のお話。視野角の数字が大きいと、モデルの顔が引き延ばされ、醜くなる。古いMMDでは45°が基本だった為、標準モデルのあにまささんモデルは魚顔と言われていた。モデルアンチは視野角をちゃんとしても関係なく魚顔と煽るけども。


3 照明を変えてみよう
 ドラマでは昼とか夜のシーンでもない限り照明の色を変えることがないから、この部分は新鮮だ。暗くしてから始めるってのは千本桜の流し込みでやったなあ。踊り始めるまでが長いので、なんか演出っぽくていいかもと思って。一瞬白くしてフラッシュに見せるってのも面白いなあ。

 照明や表情の列フレーム挿入と削除のショートカットの説明が。これ、ボーンと表情は元から出来たんだけど、カメラと照明は途中だったのよね。なので出来るようになった時、すっごく嬉しかったんだけど、普段使ってない人には効果が分からないらしく、ぬぽで、何の為の機能なのって言ってるのを見かけて、何で便利さが分からんのだと思ったのが懐かしいなあ。

 お手本ムービーではフラッシュをやり過ぎて、ポケモンフラッシュで有名になったアレが起きないかとちょっと思ってしまった……w