ザンちゃんのブログ 師匠と弟子1? 新しい鞭

 出かけていたエイラルソスが帰ってきた。彼は少し嬉しそうにしながら袋から、持ち手の付いた板を出した。それを見たクロートゥルは、調理器具かと思いかけたが、2列の穴が、等間隔に開いているのを見て、嫌な予感がした。
「師匠……。それ何ですか?」
 クロートゥルは予感が当たっていませんようにと祈りながら、エイラルソスへ訊いた。
「そんな顔をするくらいだから、答えは分かっているんだろう。」







★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 クロートゥルがエイラルソスの前でだけ精神年齢が落ちるのは、実はエイラルソスがやってました黒幕ver・パターン2個無意識と意図的、親は冷たいけどエイラルソスは優しいので無意識に甘えていたverとか色々考えていたのを、この話で決めちゃう。

 黒幕で無意識。子供欲しかったので、クロートゥルを息子と見ている節がある。呆ける前も。

 鞭……つーかケイン買った時にエイラルソスが嬉しそうにしてて。当時はキャラが定まっていなかった……ってか多分、ゲームではクロートゥルにサンダーかます鬼畜なので、それに寄せようとしててそうなったんだと思うけど……。それが気になったので、補足する話書く。
 
 上と連動していて、