ザンちゃんのブログ 無料のツールでゲーム作成

 アカトさんが作ったRPG、SpankingQuest、面白かった。商用のRPGなら導入部と思える所で終わってるし、モンスターが1種類しか出なくてしかも弱いので、そういう意味ではRPGの意味はあまりない感じだったけど、楽しかった。

 内容は、町の外に出ると子供になる呪いがかかるようになったので、原因究明の為に王の命を受け、厳しい師匠に鍛えられた女勇者が旅立つ。一人で行く筈だったけど、その女師匠が自分が鍛え上げた3人の子供達を連れて行けと脅すので、彼等も連れて行くことになった。
子供達はおねしょ癖があるので、宿屋に泊まる時におむつをするかどうか聞かれる。しないでおねしょしちゃった場合、お仕置きにお尻を叩くことが出来る。真っ暗画面で、音が何回か鳴って、叩かれた子が謝るというシンプルな物だけど、楽しくて、勇者の実家だから無料(正確には王様に請求すると宿屋の女主人のお母さんが言う)ってことで気軽に宿に泊まって、お仕置きシーンを見てしまうw
女師匠の家を色々と調べることが出来て、そっちでもお尻叩きの話が出てきたりと小ネタも楽しい。F/FとF/mが出てくる。


****
 アカトさんがそのゲームを作るのに使ったツールは、無料でRPGを作れるソフト、WOLF RPGエディター、通称・ウディタ。パソコン版RPGツクールなら1万数千円するのに、ただ! ……まあ、だから、このツールのユーザーとRPGツクールユーザーが無意味に煽りあったりしてるみたいだけど……。このウディタのニコニコ大百科では、そこでは誰も何も言ってないのにRPGツクールユーザーが、愚痴愚痴ひねてたり。MMDスレの高スペックと低スペックの争いみたいな無意味な感じw

 それはともかく、わたしも何か作りたくなった。
 RPGツクールは据え置きゲームのが出る度に買っていて、一つ二つ町を作って満足してたけど、パソコン版の方は、存在を知った頃にはガイドブックが2万円とプレミアが付いてて高騰していたり、次作が出たけど、なんか難しそうだったり高かったりと手を出さずにいたので、据え置きだけ。

 でも、ふと、RPGは町を作っただけで満足しちゃうので止めて、選択肢を選んで進めるノベルゲームはどうだろうと、無料の「ティラノビルダー」ってソフトで、文字だけのゲームを作ってみることに。このツールは文字だけのゲームと恋愛ゲームのように画像を表示するゲームの両方が作れる。しかも、配布することも出来るし、ネット上でアクセスして直接遊ぶことも出来るとう優れもの。
 わたしがツイッターで時々呟いている、ゆきこたんの珈琲迷宮っていう、雪印コーヒーの萌えキャラのMMDモデルが活躍するゲームも、これで作られている。

18日
 まずはチュートリアル見ながら、サンプルの真似。分岐が上手く動かないなぁ。……普通、勉強のためにもサンプルゲームを配布してくれるものなのに、無いにょ。うーむ。
 唸りながら試行錯誤した結果、分岐がやっと機能した。テストプレイは途中からプレイ出来るんだけど、どうもそれが良くなかったみたい。最初からやったら上手く出来てた。

19日
ゲームオーバーってか、終了時時にタイトルに戻す方法を質問掲示板で見つけた。やったー。

ティラノビルダーだけじゃなく、ティラノスクリプトの方で、ノベルゲーのサンプル合ったので、やってみたんだけど、意味が分かると怖い話で……。沢山紹介されるので、段々気持ち悪くなってしまった……。演出の参考に出来るって書いてたけど、普通のゲームが良かった……。ホラー系怖い。

キヨテルと勇馬君の登場のとこまで出来た。背景は難しいけど、立ち絵イラスト描くかなぁ。