ザンちゃんのブログ ボカロPになりたい! 20号

ボカロ講座
ボーカルにハモリをつけてみよう!~コーラスパートのバリエーションを知ろう~
 歌にはコーラスが付いているのも多い。コーラスには、「うー、あー」等と歌うものや、メロディの間に入れる「合いの手」、直前のメロディを歌う「追っかけメロディ」などがある。分かる、分かる。マガジンにはボカロ曲って書いてるけど、人間が歌うのにもあるな。アニメので声優が歌ってるやつだと、突っ込み入ったりw

ステップ1 下ハモをつけてみよう
 下ハモとはメロディを上のパートにして、下にハーモニーを付ける方法。この場合、音量は同じでも良いけど、少し低くした方がバランスが良い。同じだと、合唱みたいなイメージになりそう。

 コーラス用にトラックを増やす。ここら辺はボカロ2と違ってめんどい……。視覚的には3の方がいいし把握しやすいんだけど。トラック増やす時がめんどい。ずれたし。ボカロエディタのコピペの仕様がカーソルあるところだからなのかなぁ。うーん。
 それはともかく。
 二声でハモる場合は3度以上空けた方が綺麗なのでそれだけ下げる。それだけだと、コードから外れてしまって綺麗に聞こえないので、一部の音をコードに合わせる。コードに合わせると、微妙だったハモリが綺麗になった。……成る程、コードって色んなところに使うんだなー。しつこく勉強するわけだ。

ステップ2 上ハモをつけてみよう
 上ハモは明るい感じになる反面、どっちが主役のメロディなのか聴き分け辛くなるので、必ず上ハモの音量を下げる。
 下ハモの時と違って弄った19~20小節は3度上にしただけで綺麗にハモったので必要ないけど、音符が長くて、コードと当たって音が濁る感じがする場合は、近くのコードトーンに移動すると良い。

 今回のデモソングは基本は上ハモ、下ハモだけど、フレーズの切れ間に短いフレーズを重ねてあるところがある。それは同じメロディでオクターブを下げたオクターブユニゾンという手法。オクターブユニゾンはソウル系楽曲の定番だけど、ロックやポップスよく使われる手法である。

 最後はデモソングを聴いて終了。今回、メインのメロディーを見せる為なのか、エディタをあちこちクリックしててなんか忙しそうw 英語歌詞は21号でやるって朝礼で言ってるんだけど、このデモソングには英語歌詞があるんだよね。予習したい人の為なのかなぁ。届いた時も思ったけど。


****
作曲講座

ステップ1 

ステップ2 


****
MMD講座

ステップ1