ザンちゃんのブログ ふらいんぐういっち

 ふらいんぐういっちっていう、日常ゆるゆる魔女作品にハマり中。
 元から魔法使い物は好きなので、ハリー・ポッターを買ってみたり、片倉家で魔法使い要素入れたりしてた。ツクールでゲーム作る為に軽く設定しただけだった筈の師匠と弟子にドハマりして、小説を書きまっくてるしw
 ただ、外国の魔女物は肌に合わない感じ。本屋で見かけると買うけど、どうしても期待外れになる……。魔女裁判とか合ったくらいだから、雰囲気が重いのよね。ファンタジーならではのキラキラ感が無かったり、少なかったり。魔法使いであることを隠さなきゃみたいなシーンも、妙に重い。そこはハリー・ポッターもだったけど。
 日本の、呪文唱えて、杖振ってっていうお気楽魔女の方がいい。まー、そういうのに触れて育ったんだから当然かw サリーちゃんのリメイクとか。

 ハマるきっかけは、suがアニメの6話を見てたから。6話冒頭で、主人公の真琴が箒で空を飛ぶと、股に食い込んで痛いから長時間は無理……っていう、原作2話の話の続きになってて、お姉ちゃんが、体ごと浮かせるといいと本来の飛び方を教えてくれる。
 その話を見る少し前に、師匠と弟子で、故郷の村に遊びに来たクロートゥルを見た友達が、股が痛くないのかと訊いて、クロートゥルが説明するっていうネームを描いてて、内容がそっくりで吃驚したのよね。タイミングが良かったw しかも、プロの漫画家のネタだから、わたしの説明より、よっぽど分かりやすくて、さすがプロだなーと感心した。

 で、ニコニコで無料のアニメ1話を見て、6話もちゃんと見て……。萌えアニメのようなゆるゆる日常物だったけど、萌えアニメにありがちな、キモい媚びとか有り得ない頭の悪さの女とか、百合百合とかが無かった。まったりし過ぎてテンポは悪く感じたけど……。
 気になったので原作漫画を1巻だけ買ってみた。4冊しか出てないとはいえ、萌え漫画だったら嫌なので、一気買いは避けた。家の中ですら迷う真琴の方向音痴に現実味を感じなくて、そこは萌えアニメっぽいなと思ったけど、許容範囲。雰囲気が好きになれたので、2~4もすぐ買ってきた。

 動画のコメやらニコニコ大百科やらで愚痴られてる通り、魔女要素は薄い。お姉ちゃんも術に頼り切りの自分とは違う魔女と真琴を評価している。とはいえ、野菜を育てたりするのは外国の魔女物では普通に出てくる。野菜より花の方が多い気はするけど。日本にも花言葉があったりするだけあって、不思議な力が……的な。だから、農業アニメ的なツッコミには違和感あるのよねー。

 外国の魔女物から暗いイメージを取り除いて、ゆったりした日常をプラスした感じ。だから、呪文唱えて、杖振ってっていうお気楽魔女ではないけれど、その分、外国の魔女物に期待していたものは得られる。わたしが欲しかったのはこれなんだーって、嬉しい。……まあ、正直に言えば、もう少し魔法使って欲しいけどw

 アニメも、喫茶店のオリジナル要素の、真琴と千夏がテントウムシを追いかけ回す部分だけは、萌えアニメっぽいあざとさを感じて好きになれなかったけど、そこと、お姉ちゃんの個性を強くし過ぎた所以外は満足。DVDも全部買う予定。
 1巻は、4リン・レン買ったからもっと後で……と思ってたけど、思った以上に貯金があったので、すぐ買うつもりだったんだけど……。suの阿呆が、後先考えず買い物しまくった所為で、お金無いから貸してと言い出して……。だから、結局遅くなってしまった……。