ザンちゃんのブログ 師匠と弟子12 ミスヴィスとクロートゥルのお仕置き

 依頼終了後。エイラルソスがクロートゥルの腕を掴んだまま、キョロキョロしながら歩いていた。
「師匠……。ご免なさい。反省しましたぁ。心を入れ替えますー。もう、偉い人に会いたくないなんて、我が儘は言いませんから……。」
「駄目だ。我が儘の罰を与えないと。クロートゥルの為にならない。」
 エイラルソスはクロートゥルのお仕置きを出来る場所を探しているのである。立ったまま叩かれることもよくあるのだが、今回はしっかりお仕置きしたいらしい。そういう時は家の中の場合、地下室だと、普段は階段に座って叩かれたりもするのに、わざわざエイラルソスの部屋まで連れて行かれたりもする。
 なので、クロートゥルは焦っていた。外で下着まで下ろされて叩かれるのは御免被りたい。故郷の村でそうされた時は、クロートゥルが懸念していたのとは違い誰にも笑われなかったが、違う場所では笑い声が聞こえた。村人はクロートゥルを知っているから、笑わないでいてくれただけなのだ。村で叩かれた時に、誰も笑わなかったとエイラルソスに言われたことを指摘すると、恥ずかしいのも罰になっていいのではと言われてしまった。更に、そもそも叩かれるように事をするお前が悪いとも。開き直っているようにも思えたので反論したかったが、正論なので言い返せなかったことを覚えている。
 だからクロートゥルとしては、どうしても外でのお仕置きは避けたいのだ。
「師匠ー。お仕置きは当然なので受けますけど、別に外じゃなくても良いでしょう? 家に帰りましょうよー。」
「我が儘の罰なのに、更に我が儘を重ねるとは……。そうだな。クロートゥルの言う通り、家に帰ってしっかり鞭で打つことにしようか。」
「ひっ。ご・ごめ・ご免なさい。そ・外でのお仕置きでいいです……。」
 クロートゥルはガタガタ震えながら謝った。鞭で叩かれるくらいなら、恥ずかしい方がよっぽどマシだ。
 エイラルソスが呆れた顔で溜め息をついたが、また引っ張られ始めたので、鞭は勘弁してくれるようだ。クロートゥルはホッと息を吐き出した。
 うろうろ探し回った結果、いくつかのベンチが置いてある広場が見つかったので、クロートゥルは覚悟を決めた。恥ずかしいのもそうだが、かなり叩かれる筈だ。恥ずかしさを軽減する為にも、なるべく声を出さないようにしなければと思う。それに、そこに集中していれば、笑われても恥ずかしさを感じずにすむ。
 ベンチに腰掛けたエイラルソスがクロートゥルを見た。
「ほら、尻を出して膝に乗れ。」
「いきなり裸の尻ですか……。」
「我が儘を2回も言ったんだから、それくらい当然だろう。それとも今から家に帰り、鞭を……。」
「出します、出しますから、鞭は勘弁して下さい!」
 二人のやりとりに、公園に居た人達が何事かという顔をしている。エイラルソスだけではなく、クロートゥルの顔も売れ始めているので、ただでさえ注目されやすいのだ。
 『それなのに、皆の前で裸の尻を叩かれるとは……。師匠は厳しすぎるぜ、ほんと。』
 ローブをたくし上げ、下に穿いているズボンとパンツを下ろす。ローブが目隠しになるので、息子を衆人環視に晒すという目には遭わずに済むが、お尻はそうもいかない。クロートゥルはぴちぴちの女の子ならともかく、30近いおっさんの尻なんて誰が見たいんだ……と思いつつ、エイラルソスの膝に俯せになる。
「しっかり反省するんだぞ。」
 言葉と共に手がお尻に降ってきた。エイラルソスはそれ程、怒っているようにも見えなかったが、実際は違ったらしく、最初の1発から大分痛かった。



後日。クロートゥルが町中でエイラルソスに叩かれてて、ミスヴィスに見られて笑われる。クロートゥルは、怒ることはなく、傷つけてしまったお詫びになったかなと言い、ミスヴィスに、そんなの気にしなくて良いのにと言われる。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 ちょっと書きたくなったのでw