ザンちゃんのブログ ドット絵をMMDで動かせるツールが出た





 MMDスレで紹介されてて、面白そうだから、いつか挑戦してみようと思ってた。でも、姉っくすでobakeさんがキモ春香さんを作ってたのを見て、いつかじゃなく、すぐ何か作ってみることにした。

ドットのトゥ-リナになる予定のもの

 顔作ってみた でも横から見ると平たいw 下の詳しい説明動画を見ると、なかなか根気がいる感じ。メタセコ上で作るのとどっちが楽かな?
 とりあえず何か作ろうと思って、適当に描き始めると、トゥーリナになるんだな。ロボ作った時も最初はトゥーリナだったなあ。こいつは左右非対称だらけなので、3Dモデルに向いてないんだけども。ロボ作った時も苦労したな……。普通のキャラ作って、感覚を掴んでから作れば良かったと後悔したっけw 腕の角度とかがねえ……。

 スレで紹介されてる時点では、ドット絵が描ける人なら、かっこいいドット絵モデルが出来るんだろうなーと思ったっけ。
 ドット絵が描けるソフトでインアン関連のドット絵描いていたけど、アレはただ普通のお絵描きなので、段々ドット絵を描く為の参考書が欲しくなってきた。アマゾンで探したら、キャラクター描く為の本が出てきたんだけど、評価が良くなくて、別の本を紹介されてた。それで、評判の高いそっちを買ったら、それはドット絵全般の解説本で、キャラについてはごく僅かに触れてるだけだった。キャラにとらわれず、詳しくドット絵を学びたい人にはいいけど、キャラ絵だけ描ければいいわたしにはイマイチ……。
 なので、最初のも買ったら、そっちにわたしの知りたいことが描かれていた。最初からそっちにすべきだった。評価に惑わされて要らない本を買っちゃったなーと思った……。
 ただ、その必要な本の方が、古い本だったらしく中古しかなくてマーケットプレイスで買ったら、参考画像が収録されてるCDが付いてこなくてがっかり……。黒執事を買った時は、出品者に連絡って項目があったけど、そのドット絵の本を買った当時はなく(合ったかもしれないけど見つけられなかった)て、ないことを覚悟してたら、本当になかったっていう。中古だから仕方ないけど、せめてある・なしを訊けたらなーと思ったっけ。新品も残っていたら、そっちにしたんだけどねー。


 話は戻るけど、ヘルプ見たら、取扱説明書が動画URLしかなくて、吃驚。辛いなーw 動画をダウンロードして手軽に再生出来るようにしないと、描くのはともかく、ボーン入れとか分からなくなるなあ。
 技術者は、ソフトが作れてもリードミーやヘルプは苦手ってMMD関連スレでよく見かけるけど、ほんとだわ……。まあ、ソフトの操作は使ってけば分かるとしか書いてないよりはマシだけどもw お絵描きソフトみたいな、基本はどのソフトでも大して違わないみたいなフリーソフトだと、そういうことある。独自の機能だけちょこっと書いてたり。サポートどころかヘルプもまる投げw


 顔だけ作ってみて思ったけど、造形だけなら、ロボとこれだったらロボの方が楽。メタセコで基本図形を組み合わせるだけでいいから。ただ、ボーン入れは動画見る限りだと、こっちの方が楽な感じ。アンカーを作らなくていいしね。