ザンちゃんのブログ まともなキヨテル先生を作ってみることに

 ロボの先生を完成させたら、モデリング熱に火がついたので、かこみきさんの3DCG日和を見ながら、いきなり作ってみることにした。今までのように練習モデルから作ると、それを完成させた時点で満足しちゃうので、いきなり。
 下絵を用意するの面倒(というか、パースかかってないイラストなんて描けないし)なので、何もなしに作り始める。

先生になる予定のもの1

 クリーチャーが出来る未来が容易に想像出来るぜーw 一応先生になる予定だけど、果たしてw

 本当はトゥーリナとかのオリキャラがいいんだけど、ロボ先生作ってて火がついたので、先生で。「これを先生と呼びたくない」と思うものになりそうだけどもw シフト+オブジェクトクリックで、そのオブジェクト全部が選択状態になる機能が使えないのが面倒なので、バージョンは2414。なので、画面が暗くて、血色悪そうだ。

 よく考えたら、イラストを描かな過ぎて体が描けなくなってる(シーネラル作りたくてセルシス3D子ちゃん作ってた時、設定画を描いたんだけど体が……)んだから、下絵は用意したくても出来ないw まー、過去に描いた別の絵とかでもいいんだけど、下絵に出来そうなのがなさそうなのよねえ。


 先生もどきのクリーチャー(多分w)が出来上がったら、アンドロイドの設定入れたいなーと妄想して、設定イラストを描く。あと変なサイドの髪も。そしてやっぱ体が描けないよー。

アンドロイド先生

 近重は充電を食事と呼ぶし、最初は1日3回の予定だったんだよなあ。でも、朝の充電を忘れて、お昼頃に充電が切れそうになって慌てる話を書いたので、2回じゃないとおかしくなった。まー、教育実習先の武夫の学校の教師達や、教師になった後、お昼の度にマスターではない人間が背中をあけるのも変だしな。背中を開けるのもマスターじゃないと駄目だし。