ザンちゃんのブログ 音声認識機能を使い始めた

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 創作王国の新着日記から、音声で文字入力が出来るドラゴンスピーチ11というソフトを知ったけど、アマゾンの割引き価格でも1万6000円くらいするので、今のわたしにはちょっと手は出せない。ミクかMEIKO欲しいしなー。使っているソフトの関係から、ミクはボカロ2の方がいいけど、無印を使うメリットはあまりないので、MEIKOはボカロ3を待った方が良さそう?

 ともかく、そんな値段のソフトを買うくらいならボカロが欲しいので、前にBIGLOBE(か、富士通)のメールで見かけた、Windows標準の音声認識機能を使ってみることにした。それならヘッドセットを買うだけで済むし。家電量販店に行ったら、680円で売っていた。Skypなどで使うから、そんなに安いみたい。

 チュートリアルを始めたら、ページをめくるのに、次へボタンを押すかわりに、「次へ」としゃべると、次のページに行くのが面白かった。正確に認識させるには、ゆっくりはっきり喋ったり、長い文章の方がいいそう。実際に単語だけしゃべるよりも、長い文章をしゃべった方が、きちんと認識してくれるな。
 古いワープロを使っていたころは、長い文章だと全然変換してくれなかったのに、この音声認識機能だと、むしろ短い文が駄目ってのが面白いw

 今この日記は、音声認識機能で書いてる。誤変換をしたところは、手直ししているけど、ほぼしゃべるだけで正確に打ち込んでくれるので、手がかなり楽ー。修正をしていると、そのままついついキーボードで全部打ち込みそうになるけどw

 しゃべればしゃべるほど認識精度があがるそうなので、どんどん使っていきたいな。ただ、わたしは眼鏡をかけているので、ずっとヘッドセットをつけていると耳が痛い……と、昨日は思っていた。だけど、必要なのはマイク機能だけなんだから、ずらしてかけるようにしたら楽~♪ 一人で、はっきりしゃべっているのが、ちょっと気持ち悪いけどねw 昨日の夜は、suがちょっと反応していたw
 慣れてくれば、丁寧な書き方だけではなく、砕けたしゃべりにも対応できるようなので、楽しみ。

 ここまで書いて思ったけど、わたしは、「しゃべる」と「できる」は漢字変換しているのに、ひらがなに変換されてしまうなー。手打ちに比べればずっと楽なんだし、大したことじゃないけどね。


 アマゾンのドラゴンスピーチの評価で、専門用語は変換できないと言っている人がいて、当然だろうと思って、ツイッターまとめの方では頭がアレって書いた。で、こっちを使ってみて分かったけど、標準機能の音声認識機能でも、やっぱり変換できないなー。ボーカロイドは、「ボーカルを移動」になってしまったw 仕方ないなー。
 ……この日記を創作王国に先に載せたら、ドラゴンスピーチではボーカロイドはちゃんと変換できるって返事を貰った。ユーザー辞書すごいなあ。

 「んー」とか、「あー」とうなってしまうと、それも変換してしまうのは、ちょっと笑えるw すっぴん! で、ドラゴンスピーチと連携しているATOKを導入すれば、そういう意味のない単語は変換しないと書いてくれている人がいたけど、有料ソフトはやっぱり違うなー。こっちに慣れてから買えば、有能さに驚きそう。でも今のところ、これでも充分に満足。

 680円で、凄く楽になったので、早くこのことを知っていれば……と思っていたんだけど、初めてパソコンを買った頃、取り扱い説明書に付属品にヘッドセット付きのモデルの場合……みたいな記述があって、それがあれば楽になるのかなあと、思った記憶もあるんだよなあ……。当時のOSは98SEだけど、そんな前から音声認識機能なんてあったのかな? だとしたら、手が痛い思いしてまで小説を書いていたのは……w
 まあこれからは、手の痛みを気にしないで、どんどん小説を書けると思えばいいか……。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。