ザンちゃんのブログ

 クロートゥルは、居間で本を読んでいるエイラルソスの側へ寄った。師匠は読書が趣味で、暇になると本を読んでいる。実際の経験があるのに、冒険譚が好きだそうだ。リアリティのないものでもあるものでも構わないそうで、よりクロートゥルは理解しがたい。が、今はそれは脇に置いておく。
「邪魔して悪いんですが、ちょっと質問いいですか?」
 エイラルソスが本を閉じた。
「ああ、いいぞ。何だ?」
 本を読んでいる最中に、声をかけられるのは苛立たしいものだが、師匠は特にそういう様子を見せたことがない。これは、俺に対してだけなのか、誰に対しても変わらないのだろうかとクロートゥルは思う。だが、とりあえずそれについても脇に置き、クロートゥルは口を開く。
「師匠は、顔の右側に前髪を垂らしているのが、前から気になっていて……。それって、師匠なりのお洒落なんですか?」
 エイラルソスは少し驚いた顔になったが、仕方ないなとクロートゥルは思う。本を読むのを邪魔してまで声をかける時、大抵はそんな些細な質問ではなく、邪魔するのに値するだけの出来事であることが多いからだ。
 一瞬、そんな事と馬鹿にされるかも知れないと考えたが、エイラルソスは、今話題の前髪に触れた。
「以前、話したことがあったかも知れないが……。昔のわたしは冒険者だった。」
 髪から手を離したエイラルソスは、立ったままのクロートゥルが気になるのか、ソファをポンポンと叩いた。隣に座るのを遠慮したクロートゥルは、師匠の向かいに座った。それから口を開く。
「はい、聞いたことがありますね。凡庸な大人になるのを嫌って、家を飛び出したんでしたっけ。」
「そうだ。魔法の才能があるなんて知らなかったので、安物の剣を片手に、モンスターと戦った。」
 エイラルソスが自嘲気味の笑顔を浮かべた。「魔法の才能があるのだから当然だが、剣の腕はからきしだった。同じくらいのレベルの冒険者が少しずつでも強くなっていくのに対して、わたしはいつまで経っても強くならない上に、レベルも上がりにくい。組んだ仲間に見捨てられ、一人でがむしゃらに戦っていた。」
 それは、威厳が有り、物静かな現在のエイラルソスからは想像しにくく、クロートゥルは顔をしかめた。
「うーん……。」
「わたしにだって、若い頃があったんだ。」
 唸るクロートゥルを見て、エイラルソスが苦笑いをする。
「そうなんでしょうけど。でも、どうしても想像しにくくて。若くても大人しい人は居ますし。」


******
 強くならない自分に業を煮やしたエイラルソスは、強い魔物と戦って、死にかける。偶然通りかかった後の師匠に命を救われ、彼に弟子入りする。
 その時の怪我が傷として残ってしまい、人前に晒すと怖がられるので、隠しているという話。
 ちなみに目は無事だったので、見える。前髪に透視の魔法をかけてあり、両目で見ている。なので、隠れている方が死角ということは無い。

 小ネタあたりに書いた気がするなぁ。まあ、小説化したかったので。

2018.03.15 学校で
  ツクール公式ストアで、ヒロイン素材集1という、今度は学園物と言わんばかりの学生服と体操着か私服2種類ある8人の女の子の素材集が出た。4人は体操着で残り4人は私服。一人、狐の耳と尻尾を持つ巫女さんが居て、その子だけファンタジーw 獣耳パーカーを着ている子も居るけど、ただのパーカーだしなぁ……、まあ、そう思わせておいて、実際には本当に獣耳生えてる設定にしても面白いけどw

 それはともかく、ファンタジーヒロイン素材集の時のように、その子達を使ってスパゲーを作りたくなり、作っている。二人目まで出来た。ファンタジーヒロイン素材集の時はサンプルマップを駆使しつつ、あちこち行くところがあるゲームだったけど、こっちはなるべく教室で済ませたい。ワンマップ……は無理だけど、3くらいで。

 創作する力が減ってきてるので、完成も目指さない。まあしてくれたらその方が嬉しいけどねw

 一人目のイベまで作った時に撮影した奴。MVは重いので動画はカクついてるけど、実際は普通に動く。



 間違って眠そうな女の子に2回も話しかけちゃったw
 生意気な子は撮影時点では叩くイベントを作ってなかったので、謝ったところで終わっている。けど、今は出来ている。この子、隠し要素になったw
 動画のように、遅刻した子の所へ行く前に話しかけないとイベが消える。時限要素的な……。この方がゲームっぽいべー。

2018.03.04 師匠と弟子2
 師匠と弟子2のネタを思いついた。本当はSMILE GAME BUILDERでやりたかったんだけど、あの四角くて単純なモデル故に、クロートゥルの髪をどう単純化するか迷った挙げ句、モデリングする気力が無くなったので、またVX aceで。
 だばぁもそうだったけど、デフォルメって難しいわぁ。

 小説とゲームでエイラルソスの性格が大分変わってしまったので、どっちにするか迷ったけど、スパがあるゲームが作りたいという観点から見た結果、ゲーム基準にする。理不尽レベルで叩く人にしないと、スパ出し辛いw

****
 森で薬草を探す。遅くなって叩かれる。
 一週間後、洞窟で石を探す。勇者達に会って話し込み……。やっぱり遅くなって叩かれる。

 一本道。巧く(むしろ下手)進むと、叩かれないで終わるってのも面白そうだけどw

 アイディアは出るのに、創作する力が激減してるので、めんどくさいこと無しで。戦闘も入れたいけど難しいからなぁ。 
2018.03.04 Fukaseを買った
 pixivでデザインを募集して、コメで叩かれてた変わったボカロ。SEKAI NO OWARIっていうバンドの人が中の人のようだ。ボカロのこと何も分かってないとかコメにあったけど、どうせ有名ボカロしか知らない痛い子なんだろうなーとか思ってしまったw

 まあ、そんな変なコメはともかく。
 少年声に聞こえて、何か良いなーと思っていたので買った。まあ、リアル14歳少年のUTAU出身のボカロあるんだけどねw オリバーっていう、片目を包帯で覆っている中々面白い子が。外国語。その子、サイト公開時は鳥と被ってる帽子の画像がトップだったので、斬新な鳥のボカロと騒がれていたなぁ。

 ってつい、オリバー君ばっかにw 買ったのはFukaseだ。

Fukaseのパッケ

 ついでに、win100についてきたMMDモデル。

Fukase MMDモデル

 インストールする時、ボカロ4フォルダが無くて探してしまったけど、初めての4ボカロだったぜ……。初めての4ボカロはキヨテルになる筈だったんだけどなぁw

 バンドからボカロ買う人を狙った商品だからか、歌わせ方冊子が付いてきたので、いつかやってみたい。

ビルダーズ
 お正月に、スクエニが20億DLだかプレイ時間記念セールとして、DL版のゲームを色々と売っていた。SO2なども合って懐かしかった。で、前から何となく気になっていたドラゴンクエスト ビルダーズっていう、Minecraft(マイクラ)をDQ風にアレンジしたゲームが、40パーオフの2500円程で売っていたので買った。ブロックを組み立てて家などが作れたりする。


 マイクラのプレイヤーからすると、出来ることが少なくて面白くないらしいけど、逆に言うと初心者には向いているように感じた。何より、ドラクエの世界観で遊べるので、いいんじゃないかと思っていた。Amazonの評価でも、マイクラは買ったのを後悔したけど、こっちは楽しめたと極端な人がいるくらい。


 実際、とても面白く、買って良かった。ブロックが思った場所に置き辛いとか、夜になると強いゴースト系モンスターに襲われるとか、レベルアップしないので、いつまでもモンスター戦が楽にならないとか、道具に使用制限があるので予備が必要とか、不満や面倒な所もあるとはいえ、そこまで気にならない。
 感想などで愚痴られていた、章ごとに持ち物がリセットされるのは、わたしはあんまり気にならなかった。強くてニューゲームになっちゃうしなー。


 ちなみに、夜にモンスターがプレイヤーを狙う所と、道具に使用制限があるのはマイクラと同じだった。
 ブロックの置くところに出るマーカーはビルダーズの方がオレンジで見易い。マイクラは黒いので、夜になると分からなくなる。夜は蜘蛛とゾンビに襲われるので、それどころじゃないからなのかなー。


マイクラ
 で、ビルダーズは楽しかったんだけど、suが地球防衛軍5にハマっていて、家に居る時はずっとやっている。
 PS4そのものもワールドオブファイナルファンタジーをプレイしたがってたわたしの為に買ってくれてて、自分は夏に出る、とある魔術の禁書目録とコラボしたバーチャロンをプレイするしか無い……と言っていた筈だった。でも、わたしがwoffをプレイしているのを見て、画面の綺麗さなどが良くて、自分でも何かプレイしたくなったらしく……。色々ゲームをプレイするようになってしまった。買ったのはsuだから、プレイするのはいいんだけど、ずっと占領していて、わたしが出来ない……。


 ビルダーズが出来ないのが不満で、元になったマイクラをプレイしてみたくなってきた。色々な媒体で出ているけど、当然PC版で。
 体験版があればいいのにと思ったけど、見つけられず、3千円で買った。そして買った後に無料版の存在に気付いた……w


 操作方法は歩き方だけしか表示されず、。夜になると見えにくいのに次々とゾンビや蜘蛛に襲われるし、ビルダーズと違って落としたものは5分で消える(ビルダーズはずーっと落ちたまま)し、死ぬと経験値もリセット。
 ハードすぎるし不親切だし、3千円をどぶに捨てた気がした。ビルダーズの評価で、マイクラは買ったことを後悔したけど、こっちは……のAmazonの評価の人に同意したくなってきた……。


 でも、諦めずに検索して、講座サイトやwikiを見た結果、ピースフルモードにすると、モンスターに襲われないし、お腹が減らないことも分かった。それは、最初から全部が揃っているし、何を使っても減らないチート付きのクリエイティブモードの、何も持ってないバージョンみたいなモード。
 これを知ってから、やっと落ち着いて色々プレイ出来るようになった。wikiや講座サイトだよりって出来の悪いゲームって気がするけど、海外製だしなー。日本製とは感覚が違うのかも。


 ベッドを作って寝ると、死んだ場合、そこから始められるようになるって書いてあるのに、その通りにならないとか、wikiが完全に日本語化している訳ではないなど、足りない部分もあるとは言え、楽しめるようになってきた。


 suが居ない時にもマイクラやろうかなって気になっちゃうくらいに好きなれて良かった。